CoinPostで今最も読まれています

世界3大投資家の1人ジョージ・ソロス氏:仮想通貨投資を計画

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ジョージ・ソロス氏、仮想通貨投資に参入する可能性
ソロス氏は最近仮想通貨投資に関心を示しています。ソロス・ファンド・マネジメントは約260億ドル(2兆7560億円)相当の資産を運用しており、その資本の一部が仮想通貨投資に割り当てられるかもしれません。ピーク時から大幅に下落して冷え切った現在は、ソロス氏にとって絶好の参入機会になるかもしれません。
多くの大物投資家がビットコインに関する否定的な見解を取り下げる
ビットコインは以前、ソロス氏をはじめ、JPモルガンCEOなどのビジネス界の大物に強く批判されてきました。最近は大物投資家がビットコインに関する見解を和らげる傾向があり、ソロス氏の見解も変化しつつあります。

80代の億万長者であるGeorge Soros氏(以下、ソロス氏)は仮想通貨取引に大変関心を持っていると報じられています。

もし本当ならば、以前はビットコインを独裁者のツールでありバブルだと冷たい反応を示していた、ビジネス界の大物にとって注目すべき転換点になるでしょう。

ジョージ・ソロス氏、仮想通貨取引に参入か

87歳であるソロス氏の黄金期はもう過ぎ去っているのかもしれませんが、その大物は利益を上げる機会をいまだに逃すことはありません。

投資の腕前がテクノロジーに関する知識に勝る、ソロス氏やWarren Buffet氏のような年長の投資家は、長らく仮想資産に懐疑的でした。

幸運にも、仮想通貨市場に参入するために、ブロックチェーンに関する先天的な理解は必要とされていません。

単純にリスクとリターンの計算をする能力があれば参入ができます。

ブルームバーグは、ソロス氏が仮想通貨取引への参入を考えていると報告しています。

彼の投資会社であるソロス・ファンド・マネジメントは約260億ドル(約2兆7560億円)相当の資産を運用しており、その資本の一部を仮想通貨のために取っておいたと思われています。

ソロス・ファンド・マネジメントの投資家であるAdam Fisher氏が仮想通貨取引の許可を得たと、ブルームバーグは主張します。

これが本当のならば、12月のピークから3分の1ほどに下落し、冷え切った現在の市場にソロス氏が参入することは理解できます。

大物投資家が次々にビットコイン批判を取り下げる

最近のビットコイン界隈では、仮想通貨を蔑んでいた公人があとになって前言を撤回するケースが多く見られます。

JPモルガンCEOのJamie Dimon氏のビットコインに対するスタンスはかなり柔らかくなり、ソロス氏もまた仮想通貨に理解を示したようです。

ソロス氏は2018年1月まで次のようにビットコインを批判していました。

現在、ビットコインの大部分は、脱税のもしくは独裁者が海外に蓄えをつくるために使われています。

たとえ彼がこの見解を保持するとしても、それは彼が彼自身の目的、すなわち利益のために仮想通貨に投資するのを妨げることはありません。

ソロス氏がビットコインに関する彼の考えを最後に表した時から、仮想通貨市場は41%下がっています。

もし彼の参入が確かめられるならば、それはどんな短期後押しも市場に提供しそうにありません。

しかし中期から長期にかけてのものにおいて、投資家がビットコインについてとても楽観的であるという意見にさらなる後押しをします。

ソロス氏はいくつかの理由から論争の的になる人物です。

しかし投資に関しては彼はめったに間違えません。

George Soros Is Rumored to Be Investing in Cryptocurrency

Apr 7, 2018 by Kai Sedgwick

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
13:01
カナダ大手取引所Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
ビットコイン上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領「仮想通貨の技術」利用した国際決済の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はBTCから
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧