CoinPostで今最も読まれています

米著名投資家、仮想通貨に懐疑的な立場を取る理由を明かす

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「バリュー投資家」として仮想通貨に懐疑的姿勢

米国の著名投資家で億万長者のHoward Marks氏が、オークツリー・キャピタルの顧客宛レターで、暗号資産(仮想通貨)についても言及、彼の息子Andrewが相当量のビットコインを保有していることを明かした。

ただ、Howard Marks氏自体はまだ仮想通貨に対する懐疑的な立場を維持しており、仮想通貨についてAndrew氏から学んでいるところだという。

懐疑的立場を取ってきた理由を説明しつつ、急速に変化する現代では新たなものについての学習も大事だとする。

Mark氏によると、同じく投資家であるAndrew氏はビットコインやその他の仮想通貨について前向きな見解を持っており「ありがたいことに一家のため意味ある金額を所有」している。仮想通貨に懐疑的な姿勢を保ってきたMark氏とはしばしば議論になるという。

その上で、Marks氏は自分を「バリュー投資家」と位置付け、「バリュー投資」を「あるものが本質的にどのような価値を持っているかを、主に基礎的なキャッシュフローを生み出す能力に基づいて定量化し、その市場価格がその価値に比べて割安である場合に購入すること」と説明。

バリュー投資家の自然な状態の一つは懐疑論であるという。投機的熱狂が起こったがその後暴落した事例を思い起こし疑いを持つ姿勢により、バリュー投資家は財産を失う可能性を減らせるとする。

「イノベーションが急速に起こる現代では新たな考え方も必要」

一方で、Marks氏はこの懐疑論について、次のように留保もつけた。

しかし、非常に多くのイノベーションが急速に起こっている世界では、この考え方(懐疑論)は、強い好奇心、新しいアイデアへの開放性、および意見を形成する前に学ぶ意欲と組み合わせる必要がある。[中略]イノベーションが機能するとき、最初はクレイジーに見えたものに、多くの人のコンセンサスが得られるのは後になってからのことだ。

変化の激しい現代では、何が起こっているのかを学習しようとしなければ、懐疑論が正当化できないとした格好だ。

そして、仮想通貨に対する自らの姿勢については次のように述べている。

仮想通貨の場合、おそらく私は元々の保守主義と、金融イノベーションと投機的な市場行動に関する経験的なパターン認識により、懐疑的な立場を取ることにした。このおかげで、オークツリーと私は何度もトラブルを避けることができたが、イノベーションについて考えるのにはおそらく役立たないだろう。

つまり、仮想通貨へは過去の様々なバブルを見てきた経験から懐疑的立場を取っているが、仮想通貨それ自体について学んだ上での判断ではなかったことが窺える。

Marks氏は、「仮想通貨について確固たる見解を形成するのに十分な情報をまだ得られていない」と結論し、オープンマインドな精神で、これから学んでいくと結んだ。

現在はまだ懐疑的立場を崩していないと思われ、将来意見を変えるかも不明だが、少なくとも仮想通貨をもっと知ろうという姿勢を見せている。

ボラティリティ(価格変動)の大きさが参入障壁

最近のフィナンシャル・タイムズの報道によると、メインストリームの投資家の間では仮想通貨の高いボラティリティが参入障壁となっているという。

資産運用企業「UBSアセット・マネジメント」のストラテジストは「高いボラティリティや過去の価格の下落幅を考慮すると、投機目的の投資家にとっては仮想通貨は魅力的な資産である。しかし安全資産やポートフォリオを多様化するための資産には適していないというのが我々の考えだ」と述べた。

関連:仮想通貨の価格変動、金融投資家の参入障壁に=FT

一方で、ビットコイン市場へ参入する機関投資家も続いている。

著名投資家ポール・チューダー・ジョーンズ氏のファンド、世界金融大手フィデリティ傘下の仮想通貨関連企業Fidelity Digital Assets(FDA)などが仮想通貨分野に参入している。また決済大手ペイパルはまず米国から仮想通貨取引サービスを開始。

MicroStragtegyはじめ、財務資産としてビットコインを保有する企業も登場している。

関連:風向きは変わった:今、ビットコインに強気な機関投資家まとめ

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア