CoinPostで今最も読まれています

報酬は仮想通貨:非中央集権型の動画投稿サービスDtubeはYoutubeの現状を打破するか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新たな動画投稿サービスの形
Youtubeは自らが行った制限でのユーザーの流出だけでなく、広告の規制などで出資者も他のプラットフォームを模索しています。これらサービスの関連ユーザーは非中央集権的で、まったくデータをコントロールされてしまう危険のないプラットフォームへ乗り換える動きをみせているのです。
ブロックチェーンの活用
DtubeはP2Pの収益システムであり、ブロックチェーン技術を利用していて、投稿者への支払いには仮想通貨が使用されるという仕組を取っています。

世界一の規模を誇る動画投稿サービスYoutubeは自らが行った制限によってユーザーの流出に直面しています。

またユーザーだけではなく、Youtubeの仮想通貨関連広告禁止の流れを受けて出資者も他のプラットフォームを探すべく動き出しているのです。

検閲、仮想通貨関連広告の禁止以外にもYoutubeやFacebookやTwitterは中央集権化されたプラットフォームでは、そこで扱われるデータは完全にコントロールされているという現状があります。

こうした理由から、これらサービスの関連ユーザーは非中央集権的で、まったくデータをコントロールされてしまう危険のないプラットフォームへ乗り換える動きをみせているのです。

DtubeはYoutubeより優れた代替案なのか?

Youtuber達はYoutubeの仮想通貨関連広告規制の流れを受けて、代替案を探しています。その一つがDtubeです。

既存の動画メディア、特にYoutubeの広告をベースとした収益モデルとは対照的に、DtubeはP2Pの収益システムであり、ブロックチェーン技術を利用していて、投稿者への支払いには仮想通貨が使用されるという仕組みになっています。

他の代替案は BitChuteです。インターネット上の検閲に立ち向かうという点でDtubeに似ているシステムです。

Dtubeへ乗り換えるYoutuber達

Youtubeの動画制作者である、「Peter “Furious Pete” Czerwinski」氏はYoutubeによる束縛から逃れるため、Dtubeへと乗り換えました。

Dtubeを利用することは、検閲のようなデメリット排除し、著作権保護というメリットのみを享受できる理想的な方策なのです。

先月、Dtubeのベースでもあり、非中央集権型のSNS,「Steemit」を含むプラットフォーム「Steem」の創設者である、Ned Scott氏はPolygon誌にて、こう語りました。

「もし誰かが著作権を侵害する動画があると報告すれば、私たちは社の法的責任に基づき、動画を停止し、調査を行います。ですが、私たちはコンテンツの監視、検閲は行いません。」

このように DTUBE はまだまだ規模は小さいものの、動画投稿プラットフォームとして稼働しています。

中央集権型VS非中央集権型

中央集権型のプラットフォームは、よりユーザーのコントロールを強化していく傾向にあります。つい最近、ロンドンのコンサルティング会社ケンブリッジアナリティカが、フェイスブックの何千万もの顧客情報を利用していたことが明らかになったばかりです。

非中央集権型のシステムであれば、ユーザーのプライバシーを守ることができるため、より安全性が高いと言えるでしょう。

Polygon誌へのコメントの中でNed Scott氏は加えてこう答えています。

「すべての流れは公開されています。」

「SNSのオペレーターのような、いかなる権威もそこには存在しません。」

こうした作品の検閲以外に動画制作者たちが非中央集権型のプラットフォームに移る理由となっているのが、報奨金です。

非中央集権型のプラットフォームはマイクロペイメントを可能にするという特徴を持っている、ブロックチェーンを利用しているため、動画閲覧者が配信者に対して投げ銭のような少額の寄付を行うことが可能です。

ブロックチェーンをベースとしたストリーミングサービス「Current Media」 のCEOである、「Don Novaes」氏はこう語りました。

「ブロックチェーン技術によって人は最終的に彼らの時間や気配り、あるいは所有するデータに対して報酬を得る機会を与えられるようになるでしょう。彼らの貴重なデータは少数の企業によってコントロールされてしまうことはなくなるのです。」

最近Youtubeは広告モデルに関するルールをアップロードしました。それによれば配信者は動画をマネタイズするために、過去数か月間にアップロードした動画の閲覧者数が4000人、そして1000人のチャンネル登録者が必要になりました。

この新たなルールは小規模なチャンネルを運営する動画投稿者が金銭を報酬として受け取ることを妨げています。

一方でDtubeでは閲覧数が少なくとも広告のような閲覧数に影響を受ける収益システムをとっていないため、動画配信者は視聴者からの寄付という形で金銭を受け取ることが可能です。

YouTubers Are Switching to DTube Following Crypto Ad Ban

April 11, 2018 by Akshay Makadiya

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧