報酬は仮想通貨:非中央集権型の動画投稿サービスDtubeはYoutubeの現状を打破するか?

新たな動画投稿サービスの形
Youtubeは自らが行った制限でのユーザーの流出だけでなく、広告の規制などで出資者も他のプラットフォームを模索しています。これらサービスの関連ユーザーは非中央集権的で、まったくデータをコントロールされてしまう危険のないプラットフォームへ乗り換える動きをみせているのです。
ブロックチェーンの活用
DtubeはP2Pの収益システムであり、ブロックチェーン技術を利用していて、投稿者への支払いには仮想通貨が使用されるという仕組を取っています。

世界一の規模を誇る動画投稿サービスYoutubeは自らが行った制限によってユーザーの流出に直面しています。

またユーザーだけではなく、Youtubeの仮想通貨関連広告禁止の流れを受けて出資者も他のプラットフォームを探すべく動き出しているのです。

検閲、仮想通貨関連広告の禁止以外にもYoutubeやFacebookやTwitterは中央集権化されたプラットフォームでは、そこで扱われるデータは完全にコントロールされているという現状があります。

こうした理由から、これらサービスの関連ユーザーは非中央集権的で、まったくデータをコントロールされてしまう危険のないプラットフォームへ乗り換える動きをみせているのです。

DtubeはYoutubeより優れた代替案なのか?

Youtuber達はYoutubeの仮想通貨関連広告規制の流れを受けて、代替案を探しています。その一つがDtubeです。

既存の動画メディア、特にYoutubeの広告をベースとした収益モデルとは対照的に、DtubeはP2Pの収益システムであり、ブロックチェーン技術を利用していて、投稿者への支払いには仮想通貨が使用されるという仕組みになっています。

他の代替案は BitChuteです。インターネット上の検閲に立ち向かうという点でDtubeに似ているシステムです。

Dtubeへ乗り換えるYoutuber達

Youtubeの動画制作者である、「Peter “Furious Pete” Czerwinski」氏はYoutubeによる束縛から逃れるため、Dtubeへと乗り換えました。

Dtubeを利用することは、検閲のようなデメリット排除し、著作権保護というメリットのみを享受できる理想的な方策なのです。

先月、Dtubeのベースでもあり、非中央集権型のSNS,「Steemit」を含むプラットフォーム「Steem」の創設者である、Ned Scott氏はPolygon誌にて、こう語りました。

「もし誰かが著作権を侵害する動画があると報告すれば、私たちは社の法的責任に基づき、動画を停止し、調査を行います。ですが、私たちはコンテンツの監視、検閲は行いません。」

このように DTUBE はまだまだ規模は小さいものの、動画投稿プラットフォームとして稼働しています。

中央集権型VS非中央集権型

中央集権型のプラットフォームは、よりユーザーのコントロールを強化していく傾向にあります。つい最近、ロンドンのコンサルティング会社ケンブリッジアナリティカが、フェイスブックの何千万もの顧客情報を利用していたことが明らかになったばかりです。

非中央集権型のシステムであれば、ユーザーのプライバシーを守ることができるため、より安全性が高いと言えるでしょう。

Polygon誌へのコメントの中でNed Scott氏は加えてこう答えています。

「すべての流れは公開されています。」

「SNSのオペレーターのような、いかなる権威もそこには存在しません。」

こうした作品の検閲以外に動画制作者たちが非中央集権型のプラットフォームに移る理由となっているのが、報奨金です。

非中央集権型のプラットフォームはマイクロペイメントを可能にするという特徴を持っている、ブロックチェーンを利用しているため、動画閲覧者が配信者に対して投げ銭のような少額の寄付を行うことが可能です。

ブロックチェーンをベースとしたストリーミングサービス「Current Media」 のCEOである、「Don Novaes」氏はこう語りました。

「ブロックチェーン技術によって人は最終的に彼らの時間や気配り、あるいは所有するデータに対して報酬を得る機会を与えられるようになるでしょう。彼らの貴重なデータは少数の企業によってコントロールされてしまうことはなくなるのです。」

最近Youtubeは広告モデルに関するルールをアップロードしました。それによれば配信者は動画をマネタイズするために、過去数か月間にアップロードした動画の閲覧者数が4000人、そして1000人のチャンネル登録者が必要になりました。

この新たなルールは小規模なチャンネルを運営する動画投稿者が金銭を報酬として受け取ることを妨げています。

一方でDtubeでは閲覧数が少なくとも広告のような閲覧数に影響を受ける収益システムをとっていないため、動画配信者は視聴者からの寄付という形で金銭を受け取ることが可能です。

YouTubers Are Switching to DTube Following Crypto Ad Ban

April 11, 2018 by Akshay Makadiya

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加