週刊仮想通貨ニュース|米最大手資産運用ブラックロックがビットコインを投資対象に、「アジア時間に売られる」アノマリーが注目

今週のニュース

今週は、ビットコインがアジア時間に売られるというアノマリーを題材にした記事に注目が集まった。

仮想通貨(暗号資産)市場では、ビットコインが暴落で一時3万ドルを割ったほか、国内取引銘柄のIOSTは先週比で240%の高騰を記録した。背景には個人投資家の買いがあるとみられる。

このほか、資産運用大手のブラックロックはビットコイン先物の運用を傘下の二つのファンドで許可したことが分かった。また、イーサリアムは次期大型アップグレードのドラフトを公開した。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:ビットコインはなぜ「アジア時間」に売られるのか?

仮想通貨市場にて、ビットコインの「米国時間は買い、アジア時間は売り」という傾向がより鮮明になっていることがわかった。 (記事はこちら

2位:リップル社、2021年の仮想通貨・ブロックチェーン業界を展望

SEC(米証券取引委員会)の提訴問題に揺れる米リップル社が、2021年の業界の展望を紹介した。 (記事はこちら

3位:米国の仮想通貨ウォレット規制案、一時保留に──バイデン新政権下

ジョー・バイデンが米時間20日、第46代目のアメリカ大統領に就任したことで、米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)の仮想通貨ウォレット規制案が一時的に保留となったことがわかった。 (記事はこちら

相場ニュース|今週の市場の動きは

国内取引銘柄のIOSTが続伸 個人仮想通貨投資家の資金が流入か

15日の市場で、国内取引銘柄でもあるIOSTが前日比で一時70%高を超えた。前週比では+240%と大幅高となっている。 (記事はこちら

ビットコイン暴落で一時3万ドルの節目割り込む、大荒れ要因と今後の展望

22日の市場。ビットコイン(BTC)価格は、3万ドルの心理的節目を割り込み、一時前日比-20%の298万円(28,700ドル)まで暴落した。 (記事はこちら

イーサリアム高騰で約3年ぶりの過去最高値更新、強気傾向が鮮明に

イーサリアム(ETH)価格は日本時間21時頃、約3年ぶりに過去最高値を更新。現物価格で1420ドル(約15万円)を上回った。 (記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

ビットコインクジラが示す買い集めライン、Pantera Capitalは8月にBTC11万ドルの強気予想を示す

大手暗号資産投資ファンドPantera Capitalは、BTC(ビットコイン)価格が、今年8月までに115,212ドル(1,200万円)に向かう可能性があるとの認定投資家向けレポートを公開した。 (記事はこちら

「ビットコインブロックチェーンに問題発生」噂が広がった背景とFUDとの指摘

ビットコイン(BTC)ブロックチェーンで、瞬間的なチェーン分岐が確認され、二つのブロックの再編成を行う(Reorg)が発生した。 (記事はこちら

アダルト動画配信大手Pornhub、決済手段に仮想通貨3銘柄を追加

アダルトサイト「Pornhub」が有料配信サービス(プレミアム会員料)の支払いの手段に、BNB、DOGE(ドージコイン)、USDC(ステーブルコイン)を追加したことが新たにわかった。 (記事はこちら

イーサリアム次期大型アップグレード「ベルリン」に進展

イーサリアム1.0の次期大型アップグレード「ベルリン」に関する改善案の詳細(ドラフト版)が公開された。 (記事はこちら

資産運用最大手のブラックロック、ビットコイン先物の運用を許可

資産運用最大手のブラックロック(BlackRock)が、2つのファンドを通じて、ビットコイン(BTC)先物を運用する許可を出したことがわかった。 (記事はこちら

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します