CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ビットコイン:これまでに行われたフォークは約70回にも及ぶ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

60以上にも及ぶビットコインのフォークコイン
フォークコインをまとめたサイトforkdrop.ioによれば、現在69のビットコインのフォークが確認されていますが、そのうち取引所での取引が可能であるのはわずか10種類ほどです。また、その10種類のフォークコインすべてを合わせても、0.12BTCほどの価値しかもちません。
フォークコインの価値とは
Forkgenといったツールを利用する事で、現在誰でもビットコインのフォークコインを作成する事ができます。これまでにも多くの投資家、マイナーがフォークコインを作成しましたが、その多くが無価値のまま電子の海に埋もれています。

ビットコインのフォークコインは、2017年8月のハードフォークによりビットコインキャッシュが始動したことを契機に増え始め、今では多くの人が認知している事でしょう。

フォークコインをまとめたサイトであるforkdrop.ioによると、今では69に及ぶビットコインのフォークコインが存在しており、また同サイトではアルトコインのフォークコインも18種類リストされています。

ビットコイン、モネロ、イーサリアム、ライトコインの保有者は、80以上にも及ぶフォークコインを無料で受け取る権利を持っています。

しかし、これらのフォークコインを受け取る価値があるかどうかについては、また別の問題です。

フォークコインの現状

ビットコインキャッシュが誕生して以来、フォークコインの質や価値が低下していることはよく知られている事でしょう。

今までに、フォークによって何種類のコインが誕生したのか、その全てを把握することはできません。

例えば、ビットコインではBitcoin CoralやBitcoin Sudo、Bitcoin Starといった有象無象のハードフォークコインがリリースされています。

しかし、これらのコインが今後どう使われ、価値をつけていくのかは全くわかりません。

ビットコインのフォークコインはforkdrop.ioで閲覧することができますが、これらのコインの多くは取引所へ上場していません

CoinPostの参考記事
ビットコインハードフォーク通貨比較/BTCとの違い
11月,12月にビットコインからのハードフォークが多くある状況の中、各通貨それぞれにビットコインにはない特徴を活かした性能を入れて発表しています。

フォークコインの価値

4/14現在、69種類存在するビットコインフォークのうち10種類のみが取引所で取引を行う事ができます。

これらのフォークコインを合計しても、その価格は0.12 BTC(941ドル)ほどです。

ビットコインキャッシュを除くと、その合計額はわずか0.026 BTC(206ドル)であり、フォークコインはほとんど価値がないと言えます。

BTCを多く保有するものが、フォークコインを得るために送受金を繰り返すことで、第三者に秘密鍵を晒すリスクを負うことを考えると、BTC価格の2.5%にすら満たないフォークコインを求めることにはあまり価値がないと考えられます。

また、アルトコインがフォークする場合についても、その利益はビットコインと同様に乏しいものです。

Forkdrop.ioでは18種類のアルトコインフォークがリストされていますが、そのほぼ全てが元コードをクローンし、新たな特徴を付け加えています。

例えば、VergeはDogecoinからフォークを行うことで作られたコインですが、Dogecoinの保有者に1:1の比率では与えられませんでした。

CoinPostの参考記事
仮想通貨Verge(XVG)が何故次世代通貨として注目されているのか?
仮想通貨Verge(XVG)は年初から約129000倍を記録しており、市場の期待感が伺えます。ビットコインが取引に様々な問題を抱えていることで、次世代アルトコインに注目が集まっています。

また、forkdrop.ioにリストされているアルトコインフォークのうち、6種類がイーサリアム、3種類がライトコイン、6種類がモネロのフォークコインです。

これらのうち、現在トレードが可能であるのは3種類だけであり、それらを合わせてもわずか20ドルにしか及びません。

無料で発行できるフォークコイン

ビットコインのフォークは簡単に行う事ができます。

例えば、Forkgenのようなツールを利用する事で、ハードフォークをすべて自分自身で行う事ができます

このツールを利用する事で、誰でも単純なプロセスを進めるだけでハードフォークコインを作成する事ができます。

このようなツールを利用し、ビットコインのマイナー、大口投資家らがフォークを行なったことが確認されていますが、フォークにより新たな価値が生まれるわけではなく、あくまでハードフォークは新たな仮想通貨の始まりであることを心に留めて置かなければいけません。

ビットコイン開発者として知られるJimmy Songは、ビットコインのもつ本来の性質について、以下のように発言しています。

ビットコインは、中央集権的な法定通貨とは異なり、マーケット主導で、不変性を兼ね備え、常に変化を続けています。これらは価値の貯蔵という特性を持ち、ビットコインは他のトークンにはないユーティリティを維持しています。

また、最近誕生したビットコインのフォークコインにBitcocin Private(BTCP)があります。

このフォークコインは他のコインと異なり、ZclassicとBitcoinから同時にフォークが行われました。

BTCPは80ドル付近からトレードが開始されましたが、その後1/4まで価格を下げました。

フォークコインは多くの投資家の注目を集めていますが、これまでのところ、その多くが無価値なものであると言わざるを得ません。

CoinPostの参考記事
仮想通貨の価格が上昇する要因5選
仮想通貨の価格が上昇する要因、理由として、上場、エアードロップ、フォーク、バーン、パートナーシップ提携などがありますが、それぞれどういった形で上がっていくかを掲載しています。

Bitcoin Has Now Forked Almost 70 Times

15 April, 2018 by Kai Sedgwick

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 火曜日
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。
12:54
みずほやSBI、Datachainと相互運用性に関する技術連携を開始
株式会社Datachainはみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社とSBI R3 Japan株式会社とのクロスチェーン技術における技術連携の開始を発表。相互運用性のユースケースを検討していく。
12:25
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のAVAXなど上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧