テスラ参入でビットコイン最高値更新、マスターカード・BNYメロンも仮想通貨参入へ|週刊仮想通貨ニュース

今週のニュース

今週は、仮想通貨(暗号資産)の強気相場予想を扱った記事に注目が集まった。

仮想通貨市場では、米電気自動車メーカーのテスラがビットコインの購入を発表したニュースを受け、ビットコインは再び最高値を更新している。

また、マスターカードなどの大企業にも仮想通貨参入の報道が流れた。このほか、バーチャルの土地が約1億6000万円で売却される事例が生まれ、NFTとしては過去最高額を更新した。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:「仮想通貨の強気相場は今後9〜22ヵ月間継続し得る」──投資企業幹部、ビットコイン価格も予想

投資企業BlockTower CapitalのAri Paul CIO(最高投資責任者)が、現在の強気相場は、今後9〜22ヵ月間継続し得るとの見解を示した。(記事はこちら

2位:マスターカードも仮想通貨決済へ本格参入 年内にも対応開始へ

大手金融企業マスターカード社が年内に仮想通貨での直接決済に対応する計画を発表した。(記事はこちら

3位:「SEC訴訟でXRP市場参加者に計り知れない影響」米リップル社が20年Q4レポート公開

米リップル社は6日、2020年Q4におけるXRPマーケットレポートを公開。デリバティブ商品領域における急成長や米SEC(証券取引委員会)からの訴訟などを取り上げ、激動の一年を総括している。 (記事はこちら

相場ニュース|今週の市場の動きは

ビットコイン約500万円まで高騰、テスラ参入の余波は多方面に波及

9日の暗号資産(仮想通貨)市場では、米証券取引委員会(SEC)の資料で米電気自動車(EV)大手のテスラが、ビットコイン(BTC)1600億円相当を購入したことが判明。 (記事はこちら

ネム(XEM)資金流入で直近高値更新、2017年バブル相場から探るCMEイーサリアム先物の影響は

週明け8日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ネム(XEM)が高騰。年初来高値を更新し、一時前日比+15%の約35円まで上昇した。(記事はこちら

高騰続くバイナンスコイン(BNB)100ドルの大台突破、仮想通貨市場の循環物色が顕著に

最大手取引所バイナンスの独自トークンであるバイナンスコイン(BNB)が前日比+35%と高騰。過去最高値100ドルの大台を超え、116ドル(約12,000円)に達した。 (記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

バーチャルの土地が約1億6000万円で落札される|イーサリアム基盤のNFT資産で過去最高額

現実には存在しないとあるゲーム上の仮想の土地が、約1億6000万円で落札される事例が発生した。 (記事はこちら

ビットコイン最高値更新 BNYメロンの仮想通貨事業展開に関する報道受け

テスラ社のビットコイン購入に続き、マスターカード社の仮想通貨決済本格参入、BNYメロンの報道と重要ニュースが続き、業界関係者からも先行きの見通しに楽観的な見方が相次いでいる。 (記事はこちら

モルガン・スタンレー「ビットコインの投資需要が非合理ではない理由」

米大手投資銀行モルガンスタンレーが、ビットコイン(BTC)についてのレポートを発表した。 (記事はこちら

米マイアミ市、市職員給与のビットコイン支払い案を可決

米フロリダ州のマイアミ市が市職員の給料をビットコインで支払えるようにする決議案を可決したことがわかった。 (記事はこちら

著者:t.tenporin

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します