米コインベース、ナスダックに上場へ 証券登録届出書が公開──時価総額10兆円規模の可能性も

証券登録届出書が公開

株式上場を計画する米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが、米証券取引委員会(SEC)に証券登録届出書(Form S-1)を提出した。

上場先はナスダック、株式公開は直接上場(DPO)の方法を選択した。

ビットコイン(BTC)の最高値更新などを受け、2020年12月期決算の利益が12億ドル(約1275億円)超となり、前年同期比で2倍以上に膨らむなど、活発な手数料から事業の収益規模が拡大していることも明らかになっている。

コインベースについては昨年12月、SECに内々に株式を上場する申請書を提出している。今年に入ってから上場計画を正式に発表しており、現在はナスダックプライベートマーケットで非公開株が取引されている。ナスダックプライベートマーケットとは、未公開株取引市場。最近ではその取引から算出される推定時価総額が、1000億ドル(約10兆円)規模まで達しており、仮想通貨業界では最も大きい上場事例になる可能性が出てきている。

関連株上場計画の米コインベース、Nasdaq限定市場の時価総額10兆円規模に

証券登録届出書によると、コインベースの利益の大半は、手数料収入だ。「自社の利益の大部分はビットコインとイーサリアム(ETH)の取引によるものである」と説明、2020年12月期決算の売上高は12億ドルで、ビットコイン市場の活況な取引状況で規模は2倍以上に膨れた。収入を手数料が占めている点については、「この両銘柄の取引は、コインベースのプラットフォームにおける取引全体の56%に相当し、ビットコインとイーサリアムの需要が減れば、他に取引が増加して代わりになる仮想通貨が現れないと業績に影響する」と述べている。

以下は、CoinPostが提携する仮想通貨メディアTheBlockのデータ。棒グラフは四半期ごとの出来高の推移を示している。

また、公開情報によると、20年末時点の顧客数は4300万人、預かり資産は900億ドルに達しているという。

投資家の内訳

証券登録届出書では、コインベースの取引における個人投資家と機関投資家の内訳も明らかになった。機関投資家にはヘッジファンドやファミリーオフィスなどに加え、最近では自社のポートフォリオに組み込むために仮想通貨を購入する企業も含まれると説明している。

今月には電気自動車メーカーのテスラが、ビットコインを購入する際にコインベースを利用したことが分かった。コインベースは米ナスダック上場企業MicroStrategyのビットコイン購入もサポートしており、企業の現物購入の重要な窓口となりつつある。

関連米テスラのビットコイン購入、どうやって買われた? 投資家の注目ポイントも

コインベースの投資家の内訳は以下。棒グラフの濃い青が機関投資家、薄い方が個人投資家だ。なお、コインベースの顧客は100ヵ国に渡って、およそ個人投資家が4300万人、機関投資家が7000社あるとしている。

グラフの金額は10億単位で表記されており、2019年Q2(4〜6月)以降は機関投資家が個人投資家を上回っていることが分かる。

潜在的なリスク

コインベースは証券登録届出書の中で、ビットコインやイーサリアムの出来高減少以外のリスクにも言及した。

その中の1つがビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」だ。具体的にどのようなリスクがあるのか詳細は記述していないが、その正体が誰なのか、またサトシ・ナカモトによる送金をリスク要因だとしている。

生みの親であるため、サトシ・ナカモトは大量のビットコインを保有していると見られており、業界では長年使用されていなかったビットコインが移動すると、「送金者はサトシ・ナカモトではないか」と話題になり、売り圧を警戒する声も聞かれる。

昨年にはサトシ・ナカモトのマイニングパターンから、112万5150BTC(現レートで5.7兆円相当)を保有しているとの分析も行われた。

関連「推定時価1兆円」を保有、サトシ・ナカモトによるマイニングの真の目的とは

もう1つリスクの例を挙げると、コインベースはDeFi(分散型金融)のノンカストディアルのプラットフォームを競合相手と見ている。

ブロックチェーンの具体名としてイーサリアム、トロン、Polkadot、Solanaを挙げ、出来高でコインベースと争う水準の分散型取引所(DEX)もあると説明した。

関連「Uniswapの出来高、米コインベース超えに驚きの声」DeFi需要と価格高騰が後押し

自社でも仮想通貨を保有

コインベースが自社のバランスシートで仮想通貨を保有していることも分かった。昨年からマイクロストラテジーや決済大手スクエア、今年ではテスラなど、企業としてビットコインを購入する事例が続いている、

証券登録届出書で明らかにされた2020年12月末時点の保有銘柄と相当額は以下の通り。

  • ビットコイン:1.3億ドル(約138億円)
  • イーサリアム:2380万ドル(約25億円)
  • USDC:4890万ドル(約51億円)
  • その他:3400万ドル(約36億円)
著者:K.Kobayashi
参考:SEC

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します