国民苦しめる金融課題の解決へ|ジンバブエでGolixに続く新たな取引所が開設

ジンバブエに二つ目の仮想通貨取引所とBTC/USDのATMが誕生
ジンバブエの仮想通貨取引所であるGolixの競合となる新取引所、Styx24が誕生しました。新たな取引所は顧客の選択肢を増やすだけでなく、競争による手数料の低下など多くの利益をもたらすとのことです。一方のGolixは、ジンバブエの首都ハラレの中心部、アメリカドルとBitcoinを交換可能なATMを設立しました。
ジンバブエ経済の大きな課題
ジンバブエではムガベ政権が引き起こした、ハイパーインフレーションの影響で国家の通貨は価値を失っています。そのため、米ドルの現金利用が違法とされているにも関わらず、国民は米ドルを利用せざるを得ません。これに付随する様々な課題に、GolixとStyx24社は取り組んでいます。

二つ目の仮想通貨取引所とBTC/USDのATMが誕生

数週間前、ジンバブエの仮想通貨取引所であるGolixの競合が誕生しました。その名前はStyx24です。

ビットコインのほかにライトコインとダッシュを取引することができます。

それとほぼ同時にジンバブエ発の仮想通貨取引所であるGolixは、彼らが事務所を構えるジンバブエの首都ハラレの中心部、彼らの事務所のほど近くに、アメリカドルとBitcoinを交換可能なATMを設立しました。

これまで、Golixの独占状態が続いていたジンバブエにて、大きな動きが起ころうとしています。

こうした中でビットコインとドル交換が可能なATMを首都に設置した、仮想通貨取引所Golixの代表である、Tawanda Kembo氏はBitcoin.comで以下のように語りました。

私たちがビットコインとドルを扱ったATMを実際に運用するまで、多くの人が実際に触りにやってきました。先週の金曜日にATMを立ち上げてから、毎日10~20人の人がやってきています。

Golix,Styx24両取引所が活発な動きを見せいているジンバブエですが、そのどちらも政府からの認可を受けていません。

これは政府が現時点でこうした新たな技術、そしてそれによって生まれる世界を規制することに慣れていないことに起因しています。

Kembo氏は語ります。

私たちには、政府が実際のところどのように考えているのかはわかりません。人々は現在仮想通貨を自身のリスクのもと運用しています。現在ライセンスはいかようなる仮想通貨ビジネスにも与えられていません。我々が幾度も政府と話し合いを持ちましたが、その状況は変わっていません。

そのATMは首都の中心部にあるモール内の1階に置かれています。

オープンは月曜日の朝8時から午後6時で、利用するには、ユーザー本人の写真、指紋、パスポートかIDのスキャン、そして電話番号確認が必要です。

ジンバブエの置かれた過酷な経済状況

財政的、金融的にジンバブエよりも厳しい位置に置かれている国は少ないでしょう。

この国において、ビットコインの支持者たちによるビットコインの有用性の説明がいかに受け入れられやすかったかは想像に難くありません。

政府の異常な100兆ジンバブエドルが発行された後で、一般的なジンバブエの国民が政治社会情勢に影響を受けない特徴を持つ、仮想通貨のような仕組みの有用性を理解するのに苦労しないこともまた明白でしょう。

現在、ジンバブエには通貨の流動性に関して重大な危機が存在しています。

ジンバブエで米ドルの現金を手に入れることはかなり面倒で、さらには入手自体に高い料金が発生するのです。

そして何より、現金の米ドルの売買は違法とされており、購入するためにはブラックマーケットを利用しなくてはなりません。

またジンバブエではこのような状況のためか、bitcoinの交換手数料の割増率は世界で最も高く、40%~60%の割増料金が必要になります。

もしあなたがジンバブエで100ドル分のビットコインを購入したい場合には、その40~60%を本来の手数料に加えて余分に支払わなくてはならないのです。

GolixとStyx24社の取り組み

ジンバブエではムガベ政権が引き起こした、ハイパーインフレーションの影響で国家の通貨は価値を失っています。

そのため、これらの状況にも関わらず、国民は米ドルを利用せざるを得ません。

ジンバブエでの銀行口座は現在ドルで帳簿が付けられているような状況です。

しかしながら、実際の取引には余分な費用が必要になるため、現金の米ドルが使われることはほとんどありません。

給料や直接的な銀行間のやり取りにおいて、またショッピングの際にはデビットカードやモバイルマネーとしてドルは使われています。

Golixはこうした状況下で余裕をもって、実際に米ドルを運用することを可能にするために、すべての取引に対して10%の手数料を課すことにしています。

こうした取引で手に入るトータル量は他の諸外国と比べて少ないものです。Golixのシステム上では現在オンライン、ATMトータルで毎日2~3bitcoin相当の取引があるとのこと。

Newsbitcoin.comは現地ジンバブエに降り立ち、そしてGolixのオフィスで実に少量の米ドルを使った取引しか行われていないことを実際に確認しています。

この調査の際bitcoin.comは、Golix社のライバルであり数週間前にオンラインショップも立ち上げた、Styx24社の創業者CEOのTatenda Mubungu氏にもインタビューを行っています。

彼は最近、南アフリカに同様のATMを設け、またジンバブエ第三の都市であるグウェルに拠点を構えました。

Mubungu氏は語ります。

私は母国ジンバブエに仮想通貨取引所を設立することを決めました。なぜなら、現在は市場が独占状態にあり、これは全く良い状況ではないからです。新たな取引所は顧客の選択肢を増やすだけでなく、競争による手数料の低下など多くの利益をもたらします。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加