DeFi取引ツールFurucomboに被害、攻撃手法は?

Furucomboでハッキング被害発生

分散型金融(DeFi)分野の成長に伴い、ハッキング攻撃も増加している。新たに被害を被ったのは、DeFiの多段階取引を簡単に作成できるツール、「Furucombo」で1500万ドル(約16億円)を超えるユーザー資金が引き出された。

「本日(28日)、協定世界時午後4:47に、Furucomboプロキシが攻撃者により侵入を受けた。我々は関連コンポーネントを無効化した。脆弱性にはパッチ適用が行われると思うが、念のため、ユーザーが承認を取り消すことを勧める。」

その後、Furucomboはハッキングの原因を突き止め、脆弱性を修正し、プラットフォームとユーザー資金の安全性は確保されたとツイートした。また被害を受けたユーザーに対する補償についても検討中とのことだ。

ハッキングの手法

Furucomboは、複雑なDeFiプロトコルを立方体に視覚化することにより、コード作成の知識なしで、ユーザーがDeFi取引を組み合わせることを可能にするツール。

仮想通貨メディアThe Blockのリサーチアナリスト、Igor Igamberdiev氏は、ハッカーは、偽の「Aave」スマートコントラクトを作成することで、Furucomboプロトコルに「Aave」の最新バージョン(Aave v2)が実装されたように見せかけたと指摘。同プロトコルにトークン送付の権限を与えていたユーザーの資金を、「Aave v2」とやり取りを通して、ハッカーのアドレスに送付させることに成功した。

Etherscanのデータによると、ハッカーのアドレスに1400万ドル相当の異なる仮想通貨が送金されたことが確認できる。しかし、ハッカーは匿名性確保のため、ミキサーであるTornade Cashにイーサリアム(ETH)を一括送金しており、Furucomboの発表によると、最終的な被害額は1500万ドルになった。

仮想通貨盗難の半分はDeFiハッキングに起因

仮想通貨データサイトCoinGeckoによると、2020年12月末の時点で、DeFiはイーサリアムの時価総額の23%にあたる198億ドルがロックされていた。2020年初頭の17億ドルから1000%以上増加したことになる。

仮想通貨分析企業Cipher Traceが発表した仮想通貨関連犯罪のレポート(2021年2月)によると、このように2020年に指数関数的な成長を遂げる一方で、規制整備が追いついていないDeFi分野は、「犯罪者を惹きつけ、1年間で過去最高のハッキング件数をもたらした」と指摘した。

Cipher Traceは、2020年の仮想通貨関連犯罪の73%は詐欺によるものだと発表しているが、残る盗難およびハッキングの半分以上がDeFiのハッキングで、被害額は1億2900万ドルに相当するという。

さらに、昨年最大の仮想通貨取引所KuCoin(中央集権型)のハッキング事件においても、ハッカーは分散型取引所Uniswapを利用して資金洗浄を行おうとしていたことが、明らかになっており、DeFiが犯罪に利用されるケースが増えていると、Cipher Traceは懸念を示した。CipherTraceは2020年の平均的なDeFiハッキング被害を約600万ドルと評価している。

今回のFurucomboのような、不正なスマートコントラクトを利用したハッキングは、これまでにもPickle Finance (被害額2000万ドル)やAlpha Finance(被害額3700万ドル)のケースが報告されており、技術的な知識を駆使した攻撃が発生しているようだ。

関連:DeFiプロジェクトPickle Finance、20億円相当の仮想通貨DAIが不正流出

DeFi業界団体設立へ

DeFiを単なるブームに終わらせないためにも、コードの監査を徹底するなど、プロジェクトレベルでは、ユーザーの信頼に値するシステムを構築することが求められている。

さらに急速に成長するDeFiが、金融システムの一部となるためには、ハッキングに対するセキュリティ対策、また詐欺防止などの犯罪対策は欠かせない。そのためには明確な規制環境の整備が必須だが、世界規模で、複数のDeFi関連団体が発足しているようだ。

日本はDeFiの規制対応で遅れをとっているとの批判があるが、2月26日、DeFiの推進を目的とした業界団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」が誕生した。JDAは専門団体として、世界初の事例となるという。

また時期を同じくして、米国でも「DeFi Alliance」の発足が発表された。他にも国外では「Open DeFi」 や 「GoodFi」などの推進団体があり、業界レベルでDeFiの発展を支える機運は高まっているようだ。

関連:日本で分散型金融(DeFi)を推進 業界団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」発足

著者:幸田直子
参考:Cipher Trace

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します