Amazon特許取得:データ市場でビットコインのユースケースを見出す

Amazonがストリーミング・データ市場の特許を取得
Amazonは申込者に仮想通貨取引の実時間データの受け取りを可能にするストリーミング・データ市場の特許を取得しました。その特許の中で、個人および組織がストリーミング・データフィードを売りに出し、それに顧客が申し込むことができるシステムについて説明しています。
データの中央集権化が進むとの見方も
Amazonが市場を増築する方針になった場合、その中央集権型な提供はより分散化された市場を築こうとしているスタートアップへの脅威になる可能性があります。

Amazonがストリーミング・データ市場の特許を取得

Amazonは申込者に仮想通貨取引の実時間データの受け取りを可能にするストリーミング・データ市場の特許を取得しました。

この技術で、少ない時間でストリーミングデータを大規模に処理することが可能です。

またこの特許文書の中で、個人および組織がストリーミング・データフィードを売りに出し、それに顧客が申し込むことができるシステムについて説明しています。

特許は米国で火曜日、電子取引やクラウドコンピューティング大手Amazonの子会社であるAmazon Technologiesに認可されました。

それに加え、特許によると開発者は”リアルタイムでダッシュボードを作成、例外を捕捉、警報および運転推奨を起こし、そして他の決断を下す”ことができるようになります。

Amazonの提出した書類では市場のためにいくつかの見込みあるユースケースを紹介しています。

そのユースケースには”ウェブサイトクリックストリーム、マーケティングおよび財政情報、製造機器使用およびソーシャルメディア、操作ログ、そして計量データなど”が含まれており、仮想通貨市場に焦点をおいたユースケースもあります。

ビットコインと仮想通貨取引データのように、個々のデータストリーム単独ではそこまでの価値はありません。

しかし、そのデータと他のソースからの情報を合わせることでデータストリームの価値を上げることができるかもしれません。

特許には以下のように書かれています。

例えば、ビットコイン取引を扱っている電子またはインターネット小売商人はビットコインアドレスとつながっている送付先アドレスを持っているかもしれません。

電子小売商人は送付先アドレスとビットコイン取引データを組み合わせ、相互に関連があるデータを作り、結合されたデータを結合データストリームとして再び公表することができます。

特許ではさらにこの市場の法執行への訴求効果についても言及しています。

Amazonは以下のように発表しました。

例として、法的機関が顧客だったら、例として、法的機関が顧客だったら発信元のIPアドレスとつながった住所を摘出するために国と相関したグローバルなビットコイン取引を受け取る事を望むかもしれません。

また法的機関は民間銀行の記録データなどのデータは不要かもしれません。

ストリーミングデータ市場は望まれたデータを、例えば、GB(ギガバイト)ごとに値段をつけることができます。

そうすれば法的機関は分析モジュールを用いて望まれたデータの分析を行うことができます。

つまり、Amazonは発信元のIPアドレスや、発信先住所情報を摘出するために、国ごとに関連付けられたビットコイン取引情報を受け取る事を望む需要を想定している、ということです。

Amazonが市場を増築する方針になった場合、その中央集権型な提供はより分散化された市場を築こうとしているスタートアップへの脅威になる可能性があります。

そのスタートアップの一つであるStreamerの社長Henri Pihkala氏はCoinDeskに対しEメールで以下のようにコメントしました。

データ市場は新しい発想ではありません。

新しいのは、ユーザーに、デジタル界において作ったデータの最終的な管理力を与えるスペースを作るという発想です。

それがAmazonの最終的なビジョンなのであればいいです。しかし、実際そうではないと私は思います。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加