米Gemini、仮想通貨ファンド特化のサービスをローンチ

Geminiの新規機関投資家サービス

米暗号資産(仮想通貨)取引所およびカストディアンのGeminiが、ビットコイン(BTC)ETF(上場投資信託)のプロバイダーなどを含む仮想通貨ファンドマネージャーに特化したサービスをローンチしたことがわかった。

新規サービスは「Gemini Fund Solutions」と呼ばれ、主に取引執行、クリアリング、カストディおよびその他のマーケットサービスを1つのプラットフォームに集結させ、資産管理会社に提供することを目的とされる。

Geminiはすでにこのサービスで、カナダの2つのビットコインETFプロバイダー、Purpose InvestmentsとEvolve Funds Groupにサブカストディのソリューションズを提供。また、カナダの投資企業3iQやCI Global Asset ManagementもGeminiのクライアントであり、それらの企業は合計で2,000億円以上の仮想通貨資産を運用しているという。

関連カナダ初のビットコインETF(上場投資信託)、取引開始1週間で1万BTCを運用

同社のグローバルビジネス責任者Dave Abner氏は「Gemini Fund Solutions」について、「すでに市場には多様な仮想通貨ファンドが参入してきており、機関投資家へのサービスを広く展開している。一元化されたサービスを提供するのは、ファンドや発行機関による規模拡大をサポートできる」とコメントした。

著者:菊谷ルイス
参考:Gemini

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。