JVCEAが仮想通貨の国内現物取引高(21年1月次)を開示、前年比7.7倍の3.8兆円規模まで膨らむ

ビットコイン相場

JVCEA(日本暗号資産取引業協会)は10日、国内事業者の統計情報を開示した。JVCEAには、国内の暗号資産交換業者、または暗号資産関連デリバティブ取引業者26社が加盟している。

2021年1月次の現物取引高は、前年同月比7.7倍、前月比1.7倍の3.86兆円まで膨らんだ。半年前の20年7月と比較しても6倍以上。証拠金取引高も20.3兆円と大幅続伸している。

30年ぶりに日経平均株価3万円台を記録した株式市場同様、世界的な緩和マネーによる大口の資金流入が加速したことが窺える。

20年12月に過去最高値の2万ドルを超えたビットコインは、大企業や機関投資家の相次ぐ参入などを背景に高騰。21年1月には、史上初の3万ドルに到達するなど活況を呈していた。21年3月は5万ドルを超えて推移しており、さらなる取引高増加も想定される。

関連:ビットコインの高騰理由、資金流入に3つの要因

現物取引高TOP5

現物取引高TOP5の暗号資産は次の通り。前年と比較して、高騰した通貨が多く見られた。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. XRP(リップル)
  4. ステラルーメン(XLM)
  5. ネム(XEM)

出典:JVCEA資料

著者:S.Ninomiya
参考:日本暗号資産取引業協会

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します