イーサリアムのガス代削減策「オプティミズム」、メインネットは7月に延期

急いては事を仕損じる

イーサリアムのレイヤー2ソリューションであるオプティミズムは、パブリックメインネットのローンチを7月に延期することを発表した。開発を行うコミュニティに時間が必要だとしている。

オプティミズム(Optimism)は、高騰するイーサリアムのガス代(手数料)対策として注目される「Optimistic Rollup」の開発を行っている。

パブリックメインネットについて当初、「可能な限り早く」ローンチするとしており、2月25日時点では今年3月のメインネットローンチを発表するなど、計画前倒しを予告していた。

しかし、今回の発表にて「パートナー(プロジェクト)の要請やタイムラインを考慮していなかった」と慎重な対応に方針転換。「準備が不十分なまま、本格的なL2対応に突入するのは危険」との判断に至った。

一方で、既にOptimismを試験導入したデリバティブ向け流動性プロトコルのSynthetixでは、計103,775トランザクションにおいて、1,010万ドル(約11億円)を節約できたとしており、その成果も明らかにしている。

パブリックメインネットは7月に延期

メインネットの延期に伴い、プロジェクトの運営自体についても見直しを行っているといい、アップデート情報について、一度に提供するやり方から、Discordで頻繫に更新する方式に切り替えたとした。

私たちのゴールは、基礎となるプロジェクトやインフラの提供者、ブロックエクスプローラー、ウォレット、トークンのブリッジなどが統合、監査、テストを行う時間を確保することだ。

これらの情報を踏まえた上で、あくまで予想としつつ、パブリックメインネットのローンチは7月になるとした。

大手分散型取引所(DEX)のユニスワップは、今月24日に発表したV3のホワイトペーパーで、「Optimistic Rollup」の導入を発表している。

関連:イーサリアム2.0、スケーラビリティ問題を改善するロールアップを識者が図解

著者:t.tenporin
参考:optimism

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します