ジェルリダがブロックチェーン版トランプのロードマップ公開、21年内のリリース予定

Bridge Champのロードマップ公開

アーダー(Ardor)チェーン等の開発で知られるブロックチェーン関連企業ジェルリダ(Jelurida)が、20年11月に発表したブロックチェーン基盤のトランプゲーム「Bridge Champ」のロードマップを公開した。Bridge Champとは、海外で人気のトランプゲーム「コントラクトブリッジ(以下ブリッジ)」のオンチェーン版であり、ジェルリダ開発のブロックチェーン「イグニス(Ignis)」上に構築されている。ロードマップによると、21年第4四半期には一般への公開が予定されている。

開発の経緯と今後の計画

Bridge Champは、ジェルリダおよびブリッジのプレーヤーでもあるBarak Lieberman氏を中心に、現代的なオンラインでのプレー選択肢、およびオンライン市場が不足しているというブリッジの課題を解決するために発案された。さらにジェルリダ曰く、ブリッジは社交的なゲームであるため、新型コロナウイルスの流行でオンラインでの娯楽享受が一般的になった現在、対面でプレーできる環境の欠如により、そのコミュニティの発展が停滞しているという。

四半期ごとに分けられたロードマップによると、20年11月に開発が開始されて以降、21年第1四半期末までの間に、トーナメント設営およびプレーヤー登録用のインフラ設備、モバイル端末での利用環境、UIを含む多くの開発が既に完了している。

次段階である第2四半期では、ブロックチェーンおよびトークン発行機能が統合され、これによりゲーム内での経済圏構築が可能になる。また、ブロックチェーンの特性を利用し、全てのゲームが最終的にはブロックチェーン上に記録されるようになるため、ゲーム結果の不正防止に繋がる。その他、トーナメント機能、ならびに動画、音声およびテキストベースのチャットなどソーシャルメディア機能の統合も、第2四半期に予定されている。

ジェルリダの共同創設者Lior Yaffe氏は、上記のようなソーシャルメディア機能に関して、「Bridge Champは、ブリッジを中心にしたソーシャルネットワークのようなサイトとして機能できるように仕上げている。」と、自身のブログにて語っている。

第2四半期までの機能統合が完了した後、第3四半期にベータ版がローンチされ、第4四半期に一般へ公開される予定だ。最終完成版にはオープンAPIが搭載されるため、開発者は簡単にBridge Champプラットフォームを統合できるようになるという。

ロードマップ公開に際して、Bridge Champ創設者のBarak Lieberman氏は以下のコメントを出した。

過去20年の中で、最も革新的なブリッジのオンラインサイトおよびアプリのロードマップを提示できて嬉しく思う。現代的なUI、ソーシャルメディア的要素、NFT(非代替性トークン)およびユーティリティトークンの統合により、既存の簡素なゲームエコシステムは崩壊され、停滞していた市場を再度活性化することができるだろう。

関連:Jeluridaがオンチェーン版トランプゲームを開発、基盤にあるIgnisとは

Simplexとの提携

ジェルリダは、Bridge Champのロードマップ公開と同時期に、仮想通貨決済サービス提供企業Simplexとの提携を発表。この提携により、ジェルリダが開発を行うアーダーチェーンのネイティブ通貨ARDR、ネクスト(Nxt)チェーンのNXT、およびイグニスチェーンのIGNISが、ジェルリダのウェブサイトにて、直接クレジットカードで購入できるようになった。

この提携がブロックチェーンゲーム業界に与える影響について、Yaffe氏は以下のように述べている。

クレジットカードを使用してトークンが購入できるということは、ジェルリダの主要プロジェクト、Bridge Champのようなブロックチェーン基盤のカジュアルなゲームプラットフォームにとって、非常に重要な要素だ。Simplexのソリューションは、ジェルリダのパートナーや、IgnisやNxt上に構築されているプロジェクトへ、他にも多数の便利な利点を提供している。

関連:ジェルリダがSimplexと提携、クレジットカードでARDR購入が可能に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します