CoinPostで今最も読まれています

中央集権型取引所から見るNFT人気とは|Huobi Japan代表インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Huobi Japan陳海騰代表にインタビュー

世界130ヶ国以上に展開している暗号資産(仮想通貨)取引所Huobiグループの日本子会社、Huobi Japanで代表を務める陳海騰(チン・カイトウ)氏にインタビューを実施。ETF(上場投資信託)やNFT(非代替性トークン)など、仮想通貨業界で最近話題のトピックに加え、Huobiグループの開発進捗について、詳細な回答を頂いた。

話題のETFやNFTについて

暗号資産のETFについて、どのようにお考えですか?

2017年にアメリカのウィンクルボス兄弟が組成したビットコイン(BTC)ETFが、SEC(米国証券取引委員会)に申請されました。申請を受けたSECは承認審査を行いましたが、これを却下しています。2021年に入りますとカナダでは、3つのビットコインETFが承認されました。イーサリアム(ETH)ETFの申請も行われるなど高い需要を示しています。この4年間を振り返ってみると、大きな進歩を遂げたと思います。

暗号資産のETFには、主に3つの影響があると考えております。

証券会社に口座を開けば、株式同様手軽に売買できます。ビットコインETFが上場されれば、既存金融商品に投資している多くのファンドや個人投資家などが、ETFを通して暗号資産投資に参加することができます。また、金融商品として税制面の優遇を受けられます。

これらによって、暗号資産の市場が成長し、投機的ではなくなり安定し、良い循環をもたらすでしょう。

デジタル資産の一種である「NFT(非代替性トークン)」は、今年に入って人気が爆発しました。これについて、どのようにお考えですか?

NFTは2017年に既に存在していました。2017年末頃に登場した、イーサリアムでバーチャル猫を買って育てるブロックチェーンゲーム「クリプトキティーズ」では、約2,000万円(2018年9月当時)でNFTの売買が成立しており、当時の暗号資産バブルの象徴でした。

今年に入ってかなりホットなトピックになりましたが、それは暗号資産およびトークンエコノミーという概念が他の領域に浸透しているからだと考えています。

画像、映像、音楽、テキストからツイッターへの投稿まで、あらゆる種類のデジタルコンテンツをNFT化することができます。また、仮想空間の土地や、暗号資産の特定のウォレット名を独占利用する権利などもNFTになり得ます。

日本はコンテンツ大国であり、音楽の著作権管理、ゲームなどの分野でブロックチェーンを活用して、新しい価値を提供する動きがあります。現在、厳密な法規制がないため、発展しつつあると思います。

Huobiグループの開発について

HT(フォビトークン)は価格が年初来200%高と好調です。HTの特徴やメリットについてお聞かせ下さい。

HTが他の取引所トークンと違うところは、HT最大の特徴とも言える「焼却(しょうきゃく)プログラム」です。「焼却」とは、英語の「Burn(バーン)」を直訳したもので、つまり、「燃やす」ことを意味します。暗号資産では紙幣を燃やしてなくすことになぞらえ、既に発行した暗号資産の枚数を減らすことを意味しています。

HTの焼却プログラムは、流通量調整のために流通しているHTを買い付けて、焼却する仕組みです。HTの発行上限枚数の5億枚は、既に発行済みで、永久に追加発行はされません。そのため、HTの供給が減少し、需要が増加することで、結果的に需給が逼迫(ひっぱく)する可能性があります。2021年3月15日時点の総焼却量は255,392,964HT、流通量は192,770,745HTです。

既に、HuobiグループによってHTの経済圏(エコシステム)は世界に展開されています。フォビジャパンでは、日本国内においてHTを利用できる経済圏(エコシステム)を拡大・発展させることを目的のひとつとし、HTの取扱いを開始しました。取扱開始以来、HT保有者は増加しており、年初から3倍になっております。今後、フォビジャパンのサービス拡大とともに、投資に限らず幅広く使用して頂けると考えております。

日本企業との連携や提携について、今後の展望をお聞かせください。

当社は中国での成功を日本に持ち込むのではなく、日本企業と一緒に、日本の暗号資産やブロックチェーン技術の可能性を広げる事業を行いたいと考えています。実際、当社の主要株主4社のうち、グループ会社を除く3社はいずれも日本企業です。うち2社とは、資本提携だけでなく業務提携も行っています。

今後も様々な企業と提携し、シナジー効果を発揮していきたいと考えています。例えば、事業提携として、エンターテイメント業界などからNFT(ノンファンジブル・トークン)やHT(フォビトークン)を活用したものなど、問い合わせが増えております。

エコシステムが拡大し続けているHecoチェーンの機能やその有用性について、お聞かせください。

Huobi Eco Chain(Heco)は、イーサリアム開発者が簡単に開始でき、スマートコントラクトとシームレスに互換性がある、分散型でコスト効率の高いパブリックチェーンです。Huobi Eco Chain(Heco)は、ウォレット、アセット、およびアプリケーションのランキングを使用してDeFiエコシステムを構築しました。ユーザーは最新のDAppを簡単に体験できます。

関連:「顧客第一に日本市場で資産形成の手伝いを」Huobi Japan代表、陳海騰氏にインタビュー

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧