中国雲南省、ブロックチェーン産業を支援する計画を発表

ブロックチェーン産業を多方向から育成

中国雲南省の政府が、地元のブロックチェーン開発を支援する計画を立ち上げたことが分かった。関連事業に補助金を提供するなど、様々な分野でブロックチェーンを育成していく計画だ。

「ブロックチェーン産業の発展を支援する」として挙げられた項目の中には、まず「ブロックチェーンインフラの構築を支援する」ことがある。ブロックチェーンのコンピューティングパワープラットフォーム、ブロックチェーンアプリケーションやビジネスの開発を促進するという。

また雲南省政府がブロックチェーン技術を業務に採用するという項目もある。「データ共有、電子ライセンス、著作権保護、財政法案、電子請求書」などの分野で、ブロックチェーン技術の応用を積極的に推進していく意向だ。

ブロックチェーン企業にオフィススペースを提供する「雲南省ブロックチェーンセンター」の建設も構想されている。その他、中国国内の証券取引所に、ブロックチェーン企業が上場する支援を行うこと、ブロックチェーン関連人材の育成をサポートすることなども計画に盛り込まれた。

仮想通貨マイニング企業が対象となる可能性も

雲南省は、隣接する四川省と同様に、豊富な水力資源で暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)ハッシュレートに電力を供給している。ただ四川省と比較すると現在は小規模なものだ。

ケンブリッジ大学オルタナティブ金融センターのデータによると、雲南(Yunnan)省のマイニング施設は、2020年4月の時点(約一年前)で世界のビットコインハッシュレートの5.4%を占めていた。

中国国内でも、ハッシュレートのシェアで4位にあたる地域だが、1位の新疆ウイグル自治区(約36%)、また2位の四川省(約10%)、3位の内モンゴル自治区(約8%)に比べると規模は小さい。

雲南省政府の計画書にはビットコインや仮想通貨のマイニングという言葉が使われているわけではない。一方で仮想通貨メディアThe Blockによると、地元のマイニングファーム経営者は、今回の計画について「当局者が雲南省の様々なビットコインマイニングファームを訪問し、マイニングファームと地元経済の相互作用を研究した後に出されたもの」だと語った。

このため今回の計画は、四川省のように仮想通貨マイニングファームが何らかの形で事業上の恩恵を受けることに繋がる可能性もあると見られる。

マイニングで余剰水力を活用

四川省や雲南省のビットコインマイニングファームは、水力発電所の電力を使用してきた。

過去、これらの地域ではマイニングを禁止したり、マイニングファームへの電力を停止する布告が出される事例もあった。しかし、ビットコインマイニングは夏の雨季に発生する余剰水力を消費するのに役立つこともあり、こうした事業が完全に廃止されることはなかった。

四川省は昨年、マイニングを含むエネルギー集約型産業の企業に開放される「水力発電消費産業デモンストレーションゾーン」を設立している。

これにより一部のビットコインマイニングファームは、安定した電力供給にアクセスできる、省政府承認の工業団地に合法的に居住できるようになった。マイニングファームから電力使用料を収入として受け取ることができる仕組みだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します