CoinPostで今最も読まれています

dApps開発基盤「NEAR」、イーサリアムとのクロスチェーンが実現

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ERC-20トークン転送が可能に

分散型アプリ開発の基盤を提供するブロックチェーンプラットフォーム「NEAR」プロトコルと、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)ブロックチェーンを繋ぐブリッジ「Rainbow」が完成した。Rainbowブリッジの立ち上げにより、両チェーン間でERC-20トークンの転送が可能になった。

Rainbowブリッジの開発は段階的に進められるが、現時点では、イーサリアムの資産をNEAR上で、またNEARの資産をイーサリアム上で利用することが可能。イーサリアムネットワークの手数料が高騰する中、 ユーザーはブリッジを利用して、低コストのNEARプラットフォームに資産を移動させることで、同プロトコルが提供する迅速な承認速度(1〜2秒)と安価な取引手数料(1円程度)という恩恵を享受することができるという。

Rainbowブリッジの汎用性

Rainbowブリッジは既に利用可能になっており、イーサリアムユーザーであれば、「NEAR Faucet」とMetaMaskを利用して、簡単にNEARアカウントを開設し、Rainbowブリッジを使い始めることができる。

Rainbowブリッジは、異なるブロックチェーンを接続するための、トラストレスで非パーミッション型のプロトコル。ブリッジの使用、維持またはデプロイのために特別な許可を必要としない。さらに、ブリッジは汎用性が高く、NEAR上で暗号証明可能なあらゆる情報をイーサリアムのコントラクトで使用できるとともに、その逆も可能だという。また、ブリッジは完全に分散化されているため、将来的にどちらかのプロトコルが変更されても適応できるようになっているとのことだ。

利用できるトークン

現在、あらゆるERC-20トークンがRainbowブリッジで利用可能で、以下のようなトークンもNEARと相互運用可能になる。

  • ステーブルコイン:USDT(Tether)、DAI、TUSDなど
  • トークン化された資産:WBTC(ラップドビットコイン)、WETHなど
  • DEXトークン:UNIや1INCHなど
  • レンディング・トークン:AAVEやCOMPなど
  • 取引所等のトークン:HT(Huobi)やCRO(Crypto.com)など

MetaMaskや他のWeb3ウォレットから、NEARウォレット/アプリにERC-20トークンを直接送金することができるが、その逆も可能だという。

NEARプロトコル

NEARプロトコルは、2018年に米サンフランシスコを拠点に立ち上げられたブロックチェーンを基盤とした分散型アプリ開発プラットフォーム。PoSコンセンサスメカニズム(正確にはTPoS=Thresholded PoS、閾値付きのPoS)を採用し、「Nightshade」という独自のシャーディングモデルにより、セキュリティ、スケーラビリティそして高いスループットを実現している。

NEARは2021年の第2四半期に、イーサリアムとの互換性を更に高めるため、イーサリアム仮想マシン(EVM)のサポート開始を予定しており、既存のイーサリアムコードをNEAR上で起動できる環境が整うことになる。また、NEAR上に構築されたアプリにも、イーサリアムユーザーが容易にアクセスできるようなり、コミュニティの発展が促進されると考えられている。

今回、ローンチしたRainbowブリッジでイーサリアムとNEARの経済圏を統合することが可能になったわけだが、NEARは今後、CosmosやPolkadotのエコシステムとの接続など、更に多くのブリッジを立ち上げる予定だという。

NEARプロトコルの共同創業者、Illia Polosukhin氏は「Rainbowブリッジは、NEARのビジョンである相互運用可能なマルチチェーンの未来に向けた大きな一歩だ」と述べ、NEARが様々なチェーンを繋ぐハブとなる未来図を描き、期待をにじませた。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 金曜日
12:52
BAYCバーチャルバンド「KINGSHIP」、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでデビュー
高級NFTコレクションBAYC(Bored Ape Yacht Club)キャラのバーチャルバンド「KINGSHIP」をフィーチャーした「KINGSHIP Islands」が、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでプレイ可能になった。
12:40
ビットコイン38000ドル台復帰で年初来高値更新うかがう、ビットコインETF巡る報道続く
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインETF承認期待やFOMCの金利据え置き予想を背景に、BTCが高値更新を目前にしている。日足でアセンディングトライアングルを形成しており、ブレイクすれば4万ドルの心理的節目が視野に入る。
11:26
ビットコイン先物ETF「BITO」、運用資産額が過去最高値更新
米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が運用資産で歴史的高値を更新。今年のBITOへの純流入額は11月24日時点で4億3,800万ドルであり、特に11月10日までの2週間で2億2,400万ドルが流入した。現物ビットコインETF承認への期待が高まり、BTC市場への機関投資は9週連続で純流入を記録している。
10:45
ビットコイン取引手数料で4億円超の過払い アントプールが返却へ
アントプールは、あるユーザーが過大に支払った83ビットコインの手数料を返却すると発表した。
09:45
大和証券ら4社、イーサリアムでST発行へ
大和証券グループは、パブリックブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行するPOCを実施すると発表。基盤には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用する。
08:30
NYダウ今年の高値更新 10月PCEがインフレ鈍化示唆
米株指数NYダウは本日+520ドル超と大幅続伸。11月には今年の高値を更新し2022年1月以来の高値をつけた。一方、仮想通貨ビットコインの11月の上昇率は8.8%だった。
07:30
バイナンス、新たな機関投資家向けソリューション提供へ
仮想通貨取引所バイナンスは、機関投資家向けの新たなソリューショーンを発表。開発の目的やプロジェクトの現状を説明している。
07:15
韓国Upbit、仮想通貨「SPACE ID」新規上場 一時30%高
韓国最大手仮想通貨取引所Upbitは30日、銘柄SPACE ID(ID)をBTC建て通貨ペアとして新規上場した。上場ニュースを受けてIDは一時30%急騰。
06:30
米SEC、フィデリティのイーサリアムETF上場申請で審査開始
米SECは新たに、フィデリティの仮想通貨現物イーサリアム(ETH)のETF上場申請について、パブリックコメントを募集し始めた。
05:30
約6億ドル分のビットコイン買い増し、マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは30日夜、再びビットコインを買い増ししたことを発表した。
11/30 木曜日
18:11
トークンブリッジ「Wormhole」 330億円を調達、Web3市場で今年最大規模
ブロックチェーン間互換性技術を手掛けるWormholeが330億円を調達。Web3エコシステムにおける今年最大級の動きとなり、ブレバン・ハワードやJump Tradingなど著名投資家が参加。ハッキング被害からの回復力も示し、新たな製品投入に期待が高まる。
16:03
「DOGE-1」月探査プロジェクト、SpaceXロケットで実現へ一歩前進
暗号資産(仮想通貨)ドージコインで資金調達した「Doge-1」月探査ミッションは、SpaceXロケットでの打ち上げを年明けに予定。プロジェクトを率いるジオメトリック・エナジー・コーポレーションが、規制承認の進捗を明かした。
14:30
Web3ゲーム「Big Time」、Bithumbに新規上場
暗号資産(仮想通貨)取引所BithumbがBIGTIMEとSTMXの新規取扱を発表。BIGTIMEはWeb3ゲームで、先月に米Coinbase(コインベース)に上場を果たした。韓国市場への進出が注目されている。
13:50
米フォーブス誌、24年版「30歳未満の30人」で仮想通貨関連で9名を金融リーダーに選出
米フォーブズ誌が選ぶ「30歳未満の30人」の2024年北米金融部門で、仮想通貨・ブロックチェーンに関連のある専門家9名が受賞することとなった。また、フォーブズは、13年の歴史で選出を後悔している10人を「恥の殿堂」として発表した。
13:20
ドイツ規制当局、ビットコイン・グループに資金洗浄対策を命令
ドイツ連邦金融監督庁は、ビットコイン・グループに対してマネロン対策の不備を是正することを命じた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア