CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン大幅反発、DeFi市場及びFTX関連銘柄は引き続き堅調

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン相場

27日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)価格は、前日比+4.73%の586万円(54,050ドル)まで回復した。

26日の安値47,000ドルから急反発。54,400ドルまで一時7,400ドル反騰したことで市場心理が改善され、XRP(リップル)などのアルト市場にも買い戻しが入っている。

下落局面にて、直近最高値の210円から90円台まで大きく売り込まれていたXRPは、前日比30%高の150円台まで回復した。

過熱感を示す日足RSIが、20年3月のコロナショック以来の水準まで下落して売られ過ぎ水準を示唆していたほか、市場心理を示す「Crypto Fear & Greed Index(CFGI)」は過去1年の最低水準となる27まで下落するなど、恐怖感情が強まっていた。

先週の下落局面でも底堅さを見せていた数少ない銘柄が、2週前比+17.9%高のイーサリアム(ETH)だ。過去の歴史で比較的相関性の高かったBTCの2週前比-10%と比較してもその差は際立っている。

ETHの供給分布チャートによれば、「10,000〜1,000,000ETH」のアドレスの数は過去1週間で0.7%増となった。

出典:Santiment

9頭のクジラが参入したものと見られ、その買い圧力は数十億ドルに及んだとの指摘もある。今年7月に、ガス代高騰対策に加えベースフィーをバーン(焼却)する改善提案「EIP-1559」の実装を大型アップデート「ロンドン」で控えており、思惑買いにつながったか。

関連:市場の関心集めるイーサリアム改善案「EIP-1559」Deribitアナリストが分析

個別銘柄の動向

18日以降の仮想通貨相場は、ビットコイン暴落の影響でアルトコインの下落率が大きく全面安となったにも関わらず、独歩高のSOLは前週比+42.7%に達し、過去最高値の45ドルを超えた。

ソラナチェーンは、現行イーサリアムの秒間約15取引に対し、秒間5万トランザクションもの高速処理が可能とされており、分散型取引所としてシームレスな板取引と流動性の確保を実現した。

ネイティブ通貨「SOL」は、ステーキング、トランザクション手数料の割引、ガバナンスに使用される。他の高スケーリングプロジェクトと異なり、レイヤー2(2層目)のソリューションに頼らず、レイヤー1で高スケーリングを実現していることが特徴だ。

バイナンススマートチェーン(BSC)基盤の分散型取引所として台頭したPancakeSwap(CAKE)と同様、イーサリアム(ETH)基盤の最大手UniSwapの代替プラットフォームとして勢力を強めている。

Andrew Køng(@Rewkang)のツイートで紹介された、ETHとBSCのアクティブアドレス数の推移で見ると、BSCの指数関数的な伸びが一目瞭然である。

ETH、BSC比較

Solana(SOL)基盤の「Serum(SRM)」も堅調。

前日比+35.9%、前週比85.6%高の10.65ドルに達し、時価総額137位まで急進した。

Serumは、分散型取引所(DEX)およびエコシステムであり、Serum DEXは、仮想通貨デリバティブ大手の「FTX」が20年7月にローンチした分散型取引所だ。

同じくSolana(SOL)基盤の分散型取引所であるRaydiumのトークン(RAY)は、ステーク報酬のほか、IDO(Initial DEX Offering)によるトークンセールをなどを手掛かりに上昇。前日比+22.7%、前週比62.8%の13ドルまで上昇。時価総額142位に食い込んだ。Raydiumは、Serumのオーダーブック利用する点などエコシステムの拡張性が強みであり、このようなFTX関連銘柄は、FTXのCEOであるSBF(アフロ)銘柄として投資家の関心を集める。

FTXは、ビットコイン価格のボラティリティやマイニングにおけるハッシュレート商品化など先進的な取り組みのほか、バイナンスが導入して大きな反響を呼んだ「株式トークン」サービスの先駆けとしても知られ、2020年以降、急速に存在感を強めている。

関連:バイナンス、トークン化された株式取引サービスを開始へ 第一弾はテスラ

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「仮想通貨取引所からDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧