米著名投資家 Mark Cuban「ドージコインへの投資は宝くじよりも優れている」

「ドージコインはデジタル通貨になった」

著名投資家Mark Cuban氏は、米国の人気トークショーにリモート出演し、「ビットコインのパロディとして誕生したドージだが、今や(立派な)デジタル通貨になった」とドージコイン(DOGE)について紹介。

オーナーとして所有するNBAのプロバスケットボールチーム「ダラス・マーベリックス」のグッズ販売で、ドージコインが多く利用されていると楽しそうに語り、番組ホストのEllen DeGeneres氏のショップでも検討すべきだと勧めた。

DeGeneres氏がホストを務める「The Ellen Show」は、この半年間の視聴者数が150万人という人気トークショーだ。同氏は番組終了後に感想をツイートしている。

「M.Cubanからドージコインについて教えてもらった。仕組みはよく理解できてないし発音もわからないけど、口にするのが楽しいのは確かだね。」

Shark Tankの鮫役

Cuban氏は、海外版「マネーの虎」と言われるビジネスリアリティ番組「Shark Tank」に登場する社長(鮫役)の一人でもあり、マーベリックスを買収後、強豪チームに再生させたことでも知られている。

DeGeneres氏からNFTと仮想通貨について質問されたCuban氏は、次のように答えた。

  • NFTは単なるコレクター品のデジタル版に過ぎない。技術など考える必要はない。収集できて売買できるデジタル商品と捉えれば良い。
  • 仮想通貨は投資できる資産の一つ。ビットコイン(BTC)は金(ゴールド)のデジタル版で、イーサリアム(ETH)は通貨のデジタル版だ。

ドージコインへの投資

Cuban氏によると、仮想通貨ドージコインは最高に「クレージー」な話だ。

その始まりは、2013年に二人のプログラマーが冗談半分で開発したことに遡るが、2年程前にインターネット・ミームとなり広く拡散され、多くの人がコインを買い始めたという。特にテスラのイーロン・マスクCEOなどが知名度を高めたここ最近は、バイヤーが殺到して価格も急騰したと説明。

ドージには、面白半分でコインを保有するコミュニティが初期から存在していたことも確かだ。その手軽さや可愛い芝犬のモチーフから、様々な寄付やチャリティ目的で使用されることも多いコインとして知られてきた。

Cuban氏は、ドージコインへの投資は「1セント」にも満たなかった時に11歳の息子と一緒に「30ドル」分を購入したことを明かした。息子は、ドージコインの価格が上昇するたびに、少しずつ買い足していったという。

息子をドージコイン投資に巻き込んだ理由は、オンライン取引アプリのロビンフッドで無料で売買できることと、コイン単価が安いため少ない金額で気軽に投資を始められることだったという。「5ドル、10ドル…」といった金額を使うなら、価格が上昇する可能性がある分、宝くじ(ロト)を買うよりはるかに優れた投資であり、仮想通貨について学ぶのにも最適だ。」と持論を述べた。

関連:米著名投資家Mark Cuban氏「ドージコイン(DOGE)は経済を学ぶ教材に」

テスラCEOのイーロン・マスク氏や大物ラッパーのスヌープ・ドッグらにも支持されており、この1年でDOGE価格は急騰している。4月20日には、時価総額5位にランクインするなど大きく注目を集めた。(執筆時現在は7位)

マーベリックスが決済に採用

Cuban氏が所有するダラス・マーベリックスは、試合のチケットや関連グッズの購入に、いち早く仮想通貨を導入してきたが、今年3月に利用可能な通貨にドージコインを加えた。マーベリックスは、4月13日の時点で、122,000DOGE(約359万円)を受け入れ、1ヶ月の売り上げは前月比で550%の増加となったという。

同チームは、この売り上げは、ドルに換金せず現物で保有する方針を表明している。

関連:Mark Cuban氏所有のNBAチーム「ダラス・マーベリックス」、ドージコイン(DOGE)決済に対応

関連:仮想通貨DOGE(ドージコイン)をバスケチームで保有へ NBA・マーベリックス

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します