週刊仮想通貨ニュース|ソフトバンク孫会長がビットコインに言及で注目、テスラ社報道受け仮想通貨が下落

今週のニュース

一週間(5/9~5/15)のニュースを中心にまとめてお届けする。

今週は、ソフトバンクグループの孫正義氏がビットコインの投資について言及、記事に注目が集まった。

仮想通貨市場では、テスラ社のビットコイン決済中止などを受け、ビットコイン(BTC)を含め市場全体が急落、ビットコインに関するニュースがランキングを独占した。

このほか、米マイクロストラテジー社はビットコインを追加で購入したことを発表。取引所バイナンスでは、日本円のステーブルコインが上場したものの、価格に異常事態が生じた。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:ソフトバンクG孫会長、ビットコイン投資について言及(5/12)

ソフトバンクグループ株式会社は12日、2021年3月期の決算を発表。質疑応答コーナーでは、孫 正義会長兼社長は、ビットコイン(BTC)の財務資産としての保有について返答した。 (記事はこちら

2位:仮想通貨ビットコイン急落 テスラ社のBTC決済中止受け(5/13)

ビットコイン市場は日本時間13日早朝、対日本円建てで急落。一時前日比7%安の580万円まで価格が下落した。テスラ社がビットコイン(BTC)決済の中止を発表した。(記事はこちら

3位:ビットコイン下落と最新マーケット状況:CONNECTV解説(5/13)

13日の仮想通貨市場でビットコインが急落、下落の流れが波及し、全面安の様相となった。きっかけは、ビットコイン市場にプラスの影響を与えてきたテスラ社のビットコイン決済中止の報告だ。(記事はこちら

相場ニュース|今週の市場の動きは

1位:ビットコインクジラは4月以降大幅減、仮想通貨全面安もへデラ(HBAR)など逆行高(5/14)

14日の市場は、ビットコインが前日比-1.76%の540万円(49,580ドル)、イーサリアムが前日比-4.14%の41.7万円(3,830ドル)と軟調な値動き。(記事はこちら

2位:大荒れ模様の金融市場、ビットコイン暴落で大規模ロスカットも(5/13)

株式市場を中心に大幅下落が続いている影響とイーロン・マスク率いるテスラ社のビットコイン決済一時停止を受け、市場が急落。大規模ロスカットを引き起こした。(記事はこちら

3位:日米の株式市場大幅安、ビットコインなど仮想通貨市場にも警戒感(5/11)

米株式市場大幅安を受け、日経平均株価は前日比700円超に。直近安値から大幅反発していたビットコインや高値更新の続いていたイーサリアムが急落するなど、市場にも警戒感が広がっている。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

米上場企業マイクロストラテジー、ビットコインを買い増し(5/13)

米ナスダック上場企業マイクロストラテジー社は13日、1500万ドル(16.4億円)相当の現金で271BTC(ビットコイン)を買い増した。(記事はこちら

米SEC長官、「投資家保護」優先した仮想通貨規制を強調(5/10)

4月より新しく就任した米証券取引委員会(SEC)Gary Gensler長官が米メディアCNBCの番組に出演。今後の米国における暗号資産(仮想通貨)規制の在り方などについて語った。 (記事はこちら

仮想通貨XRP(リップル)の準備金に変更案(5/11)

XRP(リップル)の分散型台帳「XRPレジャー(XRPL)」で、ネットワークに関する変更案が提案されていることが分かった。(記事はこちら

日本円の安定通貨、なぜ価格が乱高下? 専門家が10分で解説(5/13)

大手取引所バイナンスが初めて上場した日本円にペッグされるステーブルコイン「GYEN」は大きな話題を呼んだ。一方で、取引開始から1日経過した13日現在、バイナンス上でGYENの取引は停止されている。 (記事はこちら

日銀黒田総裁が「ステーブルコイン」に前向きな姿勢 財政金融委員会で音喜多議員が質疑(5/13)

日銀黒田総裁は財政金融委員会で、音喜多議員によるステーブルコインの質疑に対し、現在のスタンスを示した。(記事はこちら

著者:t.tenporin

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します