リップルネットに新たな導入事例──エジプト国立銀行がUAEとの国際送金に利用

リップルネットに新たな導入事例

米リップル社は18日、同社の送金ネットワーク「リップルネット」について、新たな導入事例を発表した。

リップル社と提携する大手エジプト国立銀行(NBE)が、アラブ首長国連邦(UAE)を拠点にする金融サービス企業LuLu International Exchange(以下、LuLu)と連携。リップルネットを利用し、UAEからエジプトへの国際送金を処理するという。より速く、低コストで信頼性の高い国際送金を実現することが狙いだ。

エジプト国立銀行とリップル社との提携は、昨年2月に明らかになっている。新しい送金経路を構築することが目的で、エジプトの銀行がブロックチェーン関連技術を使用するのは初の事例とのことで注目を集めた。今回はこのパートナーシップを通して、新たな送金経路を構築した格好だ。

関連リップル社、エジプト国立銀行と国際送金分野で提携

今回の発表でリップル社は、世界銀行グループのデータをもとに、エジプトは世界で5番目に送金の受け取りが多いと指摘。国外で働く人も多く、エジプトは2020年のデータ作成時点で、240億ドル(約2.6兆円)を受金しているという。家族や友人へ送られたお金は、食費や教育費などに利用されるため、低コストで速く送金できることは重要な要素となる。

エジプト国立銀行の幹部Hesham Elsafty氏は今回の発表に際し、「リップル社とのパートナーシップによって幅広い市場と、より少ないコストで速く連携できるようになった」とコメント。

そして「それは全体的な効率性向上につながる。LuLuを含めた新たなパートナーシップを歓迎し、エジプトとUAE間の送金を加速させることを期待している」とした。

エジプトやUAEを含むMENA(中東・北アフリカ)地域は、リップル社の事業において重要なエリアの1つ。Elsafty氏は「今後も我々はインフラを拡充していく」と述べている。

関連リップル社、ドバイに新拠点

著者:K.Kobayashi
参考:リップル社

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します