仮想通貨市場は反騰一服、イーサリアムの各種指標がビットコインを上回り始める

ビットコイン相場と金融マーケット

27日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインが前日比-1.23%の416万円(38,000ドル)で推移。

200日移動平均線に抑え込まれるようにして上昇を一服、暴落の反動で急反騰していたアルト市場も利確売り優勢となった。

センチメント改善によりアルト市場では資金の再流入も確認されるが、BTC価格が42,000〜43,000ドルを超えずレンジ内に収まるようであれば、悪材料1つで再び3万ドルの危険水域に向かうおそれも否めない。

一方で、数日前には仮想通貨取引所におけるステーブルコイン総量が過去最大となるなど、退避資金で押し目買いの機を伺う勢力も少なくない。引き続き米株式市場の影響を受けそうな局面ではあるが、節目を超えれば大口の買い戻しを誘発し、リスク選好姿勢が強まることが想定される。

26日には、世界最大手の米アップル社が仮想通貨決済に関する人材を募集していたことが判明。決済サービス「Apple Pay」などで検討している可能性があるとして市場の関心を集めた。

詳細:米アップル、仮想通貨決済の職歴を持つ人材を募集へ

機関投資家の関心集めるイーサリアム

将来的に基軸通貨であるビットコインを超えることが起こり得るのか、イーサリアムのフリップニング(逆転劇)について、コミュニティでは度々言及されてきた。現時点のCoinmarketCapのデータを参照すると、時価総額78.2兆円のビットコインに対し、イーサリアムは34.8兆円と迫りつつあるほか、ETH/BTCの市場価格は、0.072BTCまで上昇している。

ETH/BTC週足

ブロックチェーン投資企業ParaFiCapitalのゼネラルパートナーであるSantiagoRoel Santos(@santiagoroel)氏が共有した、大手金融機関ゴールドマン・サックスのレポートでは、以下のように指摘した。

(デジタル経済の代表格である)イーサリアムは、価値の保存手段としてビットコインを上回る可能性がある。

スマートコントラクトの機能をはじめ、非代替性トークン(NFT)、分散型アプリケーション(dApps)を備えた独自経済圏によってサポートされており、将来の金融システムを支配し得る。

また、Messariのデータによれば、21年4月以降、イーサリアムの取引量はビットコインを上回り始めている。

出典:Messari

さらに、デジタル資産投資会社のCoinSharesのデータによれば、イーサリアム上場投資信託(ETP)の出来高が、ビットコインETPの出来高を初めて超えたことがわかった。21年5月19日にマークした記録的な取引量の内、3億1,200万ドル(63%)はイーサリアムに対するエクスポージャー(市場の価格変動リスクなどに晒される金融資産の保有割合)だったという。

このようなエクスポージャー拡大は、今年2月以降に米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)でイーサリアム先物取引が開始されたことなどが影響しているほか、イーサリアムの次世代チェーンにあたるETH2.0に関する大型アップデートは、機関投資家を含む大口参加者の思惑につながっている。

出典:Ethereum Launchpad

  • フェーズ0:2020年(バリデータを管理する「ビーコンチェーン/Beacon Chain」実装)
  • フェーズ1:2021年(ユーザーが利用する「シャードチェーン」実装)
  • フェーズ1.5:2021年(シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行)
  • フェーズ2:2021年〜(シャードチェーンの全稼働)

19日には、米大手ヘッジファンドARK Investment Management LLCが、グレースケールのイーサリアム投資信託(ETHE)に投資していることが、SEC(証券取引所委員会)に提出された四半期財務書類で判明している。

関連:米大手ヘッジファンドARK Invest、グレースケールのイーサリアム投資保有が判明

個別銘柄の動向

27日にかけて、NFT関連銘柄の上昇が目立った。

コインチェックやGMOコインに上場するCMC時価総額66位のエンジンコイン(ENJ)が前日比49.2%高の1.83ドルと急騰したほか、CMC時価総額186位のサンドボックス(SAND)が前日比20.5%高の0.35ドル、CMC時価総額78位のディセントラランド(MANA)が前日比17.5%高の0.94ドル。CMC時価総額68位のチリーズ(CHZ)が前日比24.4%高の0.31ドルとなった。

サッカーの名門FCバルセロナやACミランと提携するチリーズは今年2月、NFTマーケットプレイス事業において国内大手仮想通貨取引所コインチェックと連携。コインチェックはプレスリリースで、チリーズが提供する暗号資産(CHZ)やNFTを用いたファンコミュニティ形成のためのプラットフォーム「Socios.com」で利用できるNFTをコインチェックNFTで取り扱うことを検討するとしていた。

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します