CoinPostで今最も読まれています

インフレに苦しむアルゼンチン、仮想通貨マイニングに活路

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

南米アルゼンチン、マイニング拠点として注目か

南米アルゼンチンがビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)マイニングの拠点として脚光を浴び始めていることがわかった。大手メディアブルームバーグが報じた。

アルゼンチンで仮想通貨マイニングを行った経歴を持つNicolas Bourbon氏によれば、法定通貨ペソ(ARS)のインフレ、安価な電力代、並びにアルゼンチン政府が電気代の助成金を支援していることから、マイナーの収益率は高い水準を保つことができているという。

アルゼンチンでは、度重なる経済危機や法廷通貨ペソの価値毀損(ディベースメント)などを背景に、ハイバーインフレへの対抗手段として仮想通貨関連事業が着目されてきた。

アルゼンチンの通貨インフレ

南アメリカに位置するアルゼンチンは、数年前から法定通貨のアルゼンチン・ペソ(ARS)のインフレや不況が続いており、昨年の新型コロナウイルスの感染拡大による経済的打撃が追い討ちをかけた。民主主義国家でありながら、コロンビアなどと並び国家インフレ率は世界的にも高い水準に苦しんでいる。

出典:Stellar Development Foundation

IMFの統計によれば、2020年のインフレ率は42%と2009年以降から大幅上昇。新興国の平均値である5.1%を大きく上回っている。

出典:IMF(国際通貨基金)

またこのような動きから、通貨のディベースメントを懸念する政府は外貨規制を強めており、アルゼンチン市民は月間200ドルまでしか海外通貨との交換が許されない。このような逆境において、仮想通貨マイニング事業者のインセンティブを掻き立てているようだ。

自国の法定通貨ペソ以外の資産需要は、マイナー以外でも高まっており、ブルームバーグの統計によれば、5月30日時点でペソ建のビットコイン取引は、公式レートの340万ペソを大きく上回る590万ペソに到達したという。

安価な電力コスト

また、アルゼンチンは元来コストが低い電力に加え、政府が有権者からの支持獲得を狙い、電気代の助成金を支援している。そのため、従来の電力コストは1kWhあたり0.06ドル(約6.6円)だが、補助金を計算すると1/3の0.02ドル(約2.2円)になる。

世界各国の電力コストを統計するGlobalPetrolPricesのデータによれば、補助金を含めたアルゼンチンの1kWhあたりの電力代はマイニングの一大拠点である中国をも下回ることが確認されている。(2020年9月時点)

出典:GlobalPetrolPrices

電力以外の諸コストを考慮していないため一概には言えないが、南米も今後のマイニング拠点候補として挙げられる可能性もある。

5月下旬に、中国の副首相である劉鶴(りゅう かく)国務院副総理が中国国内における仮想通貨取引やマイニングの禁止令を示したことで、これまでビットコインマイニングの一大拠点だった中国では、取り締まりを懸念した仮想通貨事業者の撤退動向も散見される。

短期的にはハッシュレートの低下などが危惧されるものの、中長期的にはビットコイン採掘の分散化につながるなどのメリットも考えられるため、移転先候補にも注目が集まっている。

Bitfarmsの南米進出

実際、アルゼンチンの安価な電力代は、すでに一部の採掘業者の目に留まっているとされる。

カナダに本拠を構える米ナスダック上場企業のBitfarmsは今年4月、南米アルゼンチンにて、大規模なビットコインマイニングを可能にするデータセンターの設立を発表した。

2022年の完成を目処に、公益事業レベルの民間発電事業者と8年契約を締結。最大210メガワット(MW)規模の電力を受け取ることが可能とされる。

Bitfarmsは5月上旬にナスダックグローバル・マーケットへの上場申請が認められたことを発表したばかり。これまでマイニング企業へのナスダック上場はあったが、グローバルマーケットへの上場は初の事例だ。

同社は、2017年からカナダのケベック州に5つのマイニング拠点を置き、100%水力発電で稼働してきた。アルゼンチンのマイニング拠点では相当数の古いマイニング機器を利用する予定としており、「安価な電力を利用することで経済的な寿命を伸ばすことができる」と説明している。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/07 火曜日
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。
08:12
米コインベース、コスモス関連銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは27日、銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:40
バイナンス、税金ツール「Binance Tax」を発表
仮想通貨取引所バイナンスは、税金計算ツールBinance Taxを発表。現在利用できる国や特徴、今後の計画を説明している。
07:20
米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日
本日のニューヨークダウやナスダックは続落したが、米国株ではAI株が引き続き好調だった。8日にはパウエルFRB議長が発言を控えており、市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況だ。
02/06 月曜日
14:23
英中銀と財務省「デジタルポンド(CBDC)が必要となる可能性は高い」
英イングランド銀行(中央銀行)と英国財務省は、「将来的にデジタルポンドが必要になる可能性が高い」との判断を示し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に積極的に取り組む姿勢を見せた。
12:53
今年1月のNFT市場、前月比40%高と大幅に盛り返す=DappRadarレポート
DappRadarはNFTおよびDeFi市場についての最新レポートを発表。23年1月にNFTの取引量と販売数が急増しており回復傾向だった。BAYCなどを運用するYuga Labsコレクションが好調だった。
12:25
エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調
前週末の雇用統計を受け、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産の値動きが冴えない。8日深夜には米ワシントンエコノミッククラブのパウエル講演控えており、ビットコインも様子見基調となっている。
10:03
仮想通貨領域をリードする世界の都市ランキング、首位は英ロンドン=Recap
仮想通貨関連企業Recapは、ビットコインなど仮想通貨・ブロックチェーン導入の環境に適した世界の都市ランキングを公開。関連企業数や税率などの指標でスコアを算出した。
09:00
第5回「GM Radio」、クロスチェーンUX最適化目指すConnextが参加へ
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの5回目の放送は、2月9日(木)の21:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストにはConnextのRahul Sethuram共同創設者を招待する。
02/05 日曜日
11:30
BTCなどリスクオンムードも、上昇トレンドのモメンタムは後退
国内大手取引所bitbankのアナリストが、揉み合い続く今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|岸田総理へのWeb3に関する質問に注目集まる
今週は、岸田総理に自民党の平将明議員がWeb3に関する質問を行ったニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨イーサリアムの供給量が純減したことなど、一週間分の情報をお届けする。
02/04 土曜日
15:00
ビットコイン・レイク体験記寄稿3
ビットコイン・レイクでは、ローカルビジネスへのビットコイン導入支援が積極的に行われている。現地訪問したビットコイン・スタンダード」翻訳者の練木照子氏による体験記寄稿。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア