5/4(金)|時価総額上位主要3通貨に大きな動き・BTCは大台1万ドルが視野に

仮想通貨市場
仮想通貨市場は、時価総額3位までに位置する主要3通貨の価格上昇が目立つ状況となりました。ビットコインはしばらく100万円を基準にラリーが続き、価格を停滞させていましたが、本日の上昇で次点の注目指標1万ドル(約109万円)目前まで迫る勢いを見せています。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は大きく動きを見せ、GWの終わりに近づく本日BTCを中心に時価総額3位に入る主要3通貨が大きく価格上昇しました。

ビットコインは21時現在で、フィアット建で24時間比5.36%上昇し106万円まで価格を伸ばしています。

また主要3通貨の中で一番大きな上昇を記録したイーサリアム(ETH)は、24時間比で10.4%と10%を超える価格上昇を記録、5月1日から続く強気相場を継続し4日連続の続伸となりました。

そのほか、人気通貨のリップル(XRP)は夕方まで落ち着いた動きを見せていたものの、海外の大手取引所「Binance」のUSDTペア追加の発表を経て、前日比6.5%の上昇幅を記録するまで価格を伸ばしました。

ビットコインは一時的に100万円を境に価格の乱高下させていましたが、本日107万円を突破する価格まで伸ばしたことで、100万円を突破した4月24日以降となる直近最高値を更新しました。

今回の価格上昇の流れを見ると次の大きな指標として注目される1万ドルを超える可能性もあります。

現在の1万ドルは109万1100円となるので、この価格到達時が次の注目点となるでしょう。

注目トピックス

またイーサリアムは、Reddit創業者が米大手Fortune紙のインタビューで、年内15,000ドルを突破すると大胆な発言をしたことで波紋を呼びましたが、その後1,500ドルであったと訂正を行いました。

これによる期待上げが反転し、売り材料となることも一部で不安視されましたが、特に相場への影響はなく堅調な推移を継続させています。

2018年3月8日には、SECがICOなどで発行される仮想通貨について、有価証券に含まれるものが多数存在すると認め、規制枠組みを作っていくことを発表したことなどが引き鉄となり、イーサリアムに対する有価証券関連の議論が起こりました。

これに対し、イーサリアム財団の共同設立者であるジョセフ・ルービン氏が『アメリカや他国の弁護士と協議してきたが、有価証券に該当するかどうかはまったく心配していない。絶対に証券ではない。多く規制当局はイーサリアムが何であるかを理解している』と強気の発言。

このようなコメントも、最近強さを見せるERC20トークンやイーサリアムの相場に前向きな影響を与えている可能性が指摘されています。

またバイナンスのUSDTペアの追加で、価格を大きく伸ばしたリップル(XRP)。

実際にUSDT建はテザー問題などで、日本では軽視されがちな状況下にありますが、実際にビットコインやイーサリアムなど流動性が元から高い主要通貨を中心に、USDT建の取引高が上昇傾向にあります。

複数の理由(下記記事参照)でUSDT建による流動性の向上はXRPにいい影響を与えており、取引高で世界1位に君臨する「BinanceのUSDTペア」追加は、時価総額3位に位置するXRPにとっても重要なニュースとなりました。

CoinPostの参考記事

XRP:BinanceのUSDTペア追加で高騰|今USDTペア追加が重要視される理由とは?
5月4日17時過ぎ、Binance公式より発表があり、同日よりXRP/USDTペアのトレードが開始されることがわかりました。今回、取引高1位の取引所がUSDT建をXRPの取引を追加したことで、よりXRPの真の価値に近く一歩になり、なぜ現在USDTペアが重要かを解説しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加