大手銀BBVA、スイスでビットコイン取引サービス拡大へ 銘柄を増やす計画も

ビットコイン取引サービスを拡大

欧州の大手金融機関ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)のスイス部門「BBVA Switzerland」は18日、スイスにあるプライベートバンクの全顧客に対し、ビットコイン(BTC)の取引とカストディのサービスを提供することを発表した。

これまで6カ月間、顧客を限定して実験的にサービスを行ってきた経験を活かし、21日からスイスの全てのプライベートバンクへと、サービス対象を拡大する。今後はビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)についても取り扱えるように目指していると説明。サービス対象の国と顧客を増やすかは、「成熟度」、「需要」、「規制」によるとした。

プライベートバンクとは

プライベートバンクとは、富裕層を対象にサービスを提供する銀行を指す。主な業務は資産保全と資産運用。

▶️仮想通貨用語集

スペインを拠点にするBBVAは、1857年創業の大手銀行。昨年12月には、情報筋の話として、仮想通貨の取引とカストディのサービスを提供する可能性が報じられていた。BBVAが管理する資産の総額は、8,400億ドル(約92兆円)超に上るという。

関連スペイン大手銀BBVA、仮想通貨関連サービスを提供か=報道

今回の発表に際し、BBVA SwitzerlandのAlfonso Gómez最高経営責任者(CEO)は、「段階的にサービスを開始することによって、サービスをテストし、セキュリティを強化することができた」とコメント。そして、以下のように続けた。

 

何よりも、価格変動の大きさやその他のリスクがあるにも関わらず、ポートフォリオを多様化する手段として、投資家の間でデジタル資産に対する需要が高まっていることに気づけたことが非常に大きい。

今回のサービスは、ビットコインの管理システムが、同社のアプリに統合されていることが大きな特徴だという。保有する他の資産と一緒にビットコインのパフォーマンスを確認することができ、同じポートフォリオの中に、従来の資産とデジタル資産を組み合わせることができるようになっている。仮想通貨投資の1つの特徴である24時間取引も行えるようにした。

また、Gómez氏は「我々は、従来の銀行サービスの品質を、仮想通貨の領域にも広げていく。今回のサービスはまだ最初の一歩だが、これから全ての金融サービスに大きな衝撃を与えることになると信じている」と説明。さらに、「今後数ヶ月かけて、デジタル資産のサービスを強化していく」とした。

銀行の仮想通貨サービス

ビットコインの価格が史上最高値を更新し、上場企業が会社の資産として仮想通貨を保有したりするなど、昨年下半期から仮想通貨に対する注目度は高まった。従来の金融機関が、仮想通貨サービスを検討・開始する事例も増えつつある。

関連大手銀行、仮想通貨をどう見る? 米3行が見解

1つの例として、今月には世界最大手の信託銀行バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNY Mellon)が、アイルランドで仮想通貨カストディサービスを計画していることが報じられた。

同行は今年2月、米国で仮想通貨のカストディサービスを年内に開始する計画が伝えられ、伝統金融企業の参入事例として注目を集めたばかりだ。BNY Mellonは、アイルランドに置かれる支社で「Digital Innovation Hub」を設立し、仮想通貨やNFT(非代替性トークン)といったデジタル資産の保管および送受信を可能にするサービスを、機関投資家に提供することを計画しているという。

関連米BNYメロン、米国外でも仮想通貨カストディ事業を計画=報道

著者:K.Kobayashi
参考:BBVA

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します