CoinPostで今最も読まれています

順調に進んだKyber3.0開発、7月以降の動向について|Kyber Network寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Kyber Networkにとっての上半期とは

ここ最近は暗号通貨(仮想通貨)マーケットが落ち着きを取り戻しつつある中、1年の半分が過ぎようとしています。21年のKyber Networkは、より一層DeFiの流動性を高めるプロトコルとして、「Kyber 3.0」というコンセプトをもとに開発を進めてきました。

こちらの進捗の報告と、下半期に達成を目指すミッションを説明いたします。

Kyber 3.0の概要

Kyber networkは「Kyber 3.0」にて、単一エンドポイントの流動性プロトコルから、多様な流動性プロトコルのハブへ変貌を遂げようとしています。

ブログより引用

以前までは一種類の流動性プロトコルで全ての売買需要を賄っていましたが、DeFiの取引ニーズは単純な売買に留まることなく多様化したため、それぞれのニーズ( AMM を利用した交換、プロのマーケットメイキング、オプションなどのデリバティブ等)に応えるためのプロトコルを複数準備することがミッションです。

ブログより引用

各取引ニーズを満たすような仕組みを持った、多様な流動性プロトコルが Kyber Network 内に存在し、それぞれの流動性プロトコルで異なった流動性提供者、利用者が自由に Kyber Network にアクセスすることが Kyber 3.0 で設定された理想像です。

2021年のロードマップと上半期に完成したもの

2021年のロードマップでは、大きく分けて以下の2つのプロセスがあります。

  • Phase1: Katana (Q2完了)
  • Phase2: Kaizen

Phase1にあたる「Katana」では、

がメインイベントでした。以下にて詳しくお話しします。

KyberDMM のローンチ

前回の記事でも詳しく述べましたが、 KyberDMM は資本効率性を追求した AMM です。 昨年から構想され、AMM として成功すればDeFiにおける取引高の多くを獲得できるため、 Kyber3.0 の中心に据えられていました。

KyberDMMは、ロードマップ通り、無事2021年4月5日にメインネットローンチされています。流動性提供者の資本効率性を高めつつ、マーケット状況に応じた手数料設定により、懸念されていた変動損失(Impermanent Loss,インパーマネント・ロス)の影響を緩和することができます。

関連:初心者でもわかるUniswap完全ガイド|Kyber network寄稿

仮想通貨市場が悪化した現在でも約15億円の資金がプールされています。

引用元:Dynamic Market Maker Analyticis

今後も Kyber DMM で資金を運用するユーザー数を伸ばし、Uniswap などの中心プレイヤーに高いレベルでレート競争を仕掛けていくことが求められています。

Kyber DMMスマートコントラクトの監査も終了し、ユーザーリスク低減のための約20億円レベルの保険加入も完了しました。

KNCトークンのアップデート

ブログ「KNC Token Migration & Upgrade Discussion」より引用

Kyber 3.0構想では当初より、柔軟な戦略が取れるようにKNCトークンをアップグレードすることが提案されていました。KNCトークンを、旧KNCから新KNCへ進化させようという提案です。

「アップグレード」という言葉を使っていますが、その目的は「KNCの新規発行が可能な仕様に変更すること」にあります。これまでのKNCトークンのモデルは、新規発行はできず、むしろバーン(焼却)することで供給量を減らすことしかできませんでした。

KNC保有者にとってはポジティブな側面は大きいものの、それだけでは新たな流動性プロトコル公開に伴うユーザーへの利用インセンティブを確保するのが難しい側面もありました。

議論するフォーラムでは大きな反対も散見されたものの、最終的にはKNC保有者の投票にて実現しました。

Kyber DMMの流動性マイニング

Kyber DMMのローンチと、KNCトークンのアップグレードが上半期(~Q2)までのメインイベントでした。この2件は達成できたため、早速それを最大限に活用するため、Kyber DMMは Ethereum と Polygon で流動性マイニングを開始します。

流動性マイニング

流動性マイニングは、イールドファーミングを行う人達を惹き付けるため、流動性(通貨ペア)提供の対価として利息の他にガバナンストークンが付与されることを指す。

仮想通貨用語集

Kyber DMMは Ethereum はもちろん、サイドチェーンである Polygon にローンチされていますが、双方のユーザーに利用インセンティブとして 合計KNC を配布します。

6月30日からの3ヶ月間、総額30万ドル(3億円以上)を使い、Ethereum と Polygon の流動性を高めつつKyber DMM の利便性を周知することが目的です。

関連:イーサリアムとPolygonの流動性向上へ Kyber Network、最大30億円超の報酬プログラムを発表

この原資は、上半期のロードマップで実現した KNCのアップグレードにより可能となった KNC の追加発行により準備されています。プロダクトは完成している以上、あとはマーケティングとしてユーザーを惹き付けることが重要です。

3ヶ月の流動性マイニングで、DeFi上に存在するAMMの中心となれるほどの規模に成長させていく予定です。

下半期のミッションは成長と開発推進

Kyber 3.0 の成功のために、下半期(Phase2: Kaizen)もまず「Kyber DMM」の実績作り、言い換えるならば、数字で測定可能な形の成長が重要です。6月23日現在では Kyber DMM に集まる資金が約15億円ですが、DeFiに欠かせない流動性供給源になるためには、少なくとも数百億円レベルにまで成長する必要があります。

類似したモデルを持っている Uniswap v3 の流動性(ロックされた資金額)は1500億円以上もあり、DeFiユーザーの圧倒的信頼が伺えます。ここまで迫るためには、単にユーザーを呼び込むだけでなく、Kyber DMM で流動性提供した際に獲得できるプールトークン(初心者でもわかるUniswap完全ガイド 参照)を借り入れの担保として受け入れてくれるDeFiアプリケーションを増やす等、下半期もユーザーの利便性を高めるための不断の努力が重要になりそうです。

Kyber DMM 以外の側面でも、「DeFi流動性のハブになる」ためには、オプションなどデリバティブ取引のための流動性プロトコルの開発など、まだまだ新しいミッションが待ち構えており、それらが完成して初めて当初に掲げた Kyber 3.0 が完成します。上半期は開発ロードマップは順調に進みましたが、下半期も求められる仕事は少なくありません。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア