bitFlyer、ポルカドット(DOT)の取扱い開始

DOTがbitFlyerに上場

日本の大手仮想通貨取引所bitFlyerは29日より、アルトコイン販売所でポルカドット(DOT)の取扱いを開始した。

DOTは、CoinMarketCapで時価総額9位の上位通貨。bitFlyerの新規アルトコインの採用は、2020年12月のテゾス(XTZ)以来6ヶ月ぶりとなった。

ポルカドットとは

ポルカドットは、異なるブロックチェーンの相互運用を目指すネットワークで、DOTはネットワークのネイティブトークンだ。現在、実験的なネットワークとして利用される「Kusama(クサマ)」で、パラチェーンオークションが始まっている。

▶️仮想通貨用語集

関連Polkadotの実験ネットワーク「Kusama」、パラチェーンオークションを開始

bitFlyerがアルトコイン販売所で取り扱う銘柄は、計13銘柄となった。

DOTは、今年5月に国内取引所GMOコインで取り扱いが発表され、日本初上場を果たした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します