CoinPostで今最も読まれています

NFT活用のPerfume、新曲『ポリゴンウェイヴ』をリリース

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Polygonがテーマの新曲か

テクノポップユニットPerfumeは2日、新曲「ポリゴンウェイヴ」のデジタル配信を開始した。同曲は約1年ぶりの新曲で、Amazon Prime Videoで9月3日から配信される『ザ・マスクド・シンガー』のテーマソングに決定している。

『ザ・マスクド・シンガー』は全世界50ヶ国の視聴者を熱狂させている音楽ライブエンターテインメント。マスクを被ったパフォーマーたちの圧倒的なパフォーマンスと歌声やヒントを基に、マスクの中の有名人を推理することを楽しむ、新発想のエンターテインメント番組で、9月3日より日本版となるオリジナル作品の放送が開始する。

ポリゴンウェイブの名前はブロックチェーンにも関連か?

Perfumeといえば、6月にメンバー3人の振り付けを3Dデータ化したデジタルアートをブロックチェーン技術を活用したNFT(非代替性トークン)を通じて、ライゾマティクス社独自のNFTマーケットプレイス「NFT-Experiment」にてオークション形式で販売。20,000MATIC(約325万円)で落札されている。

販売されたPerfumeのNFTアートは、2020年9月に開催したオンライン・フェス「“P.O.P” Festival」で披露したパフォーマンス「Imaginary Museum “Time Warp”」で使用したデータをもとに、Perfume3名の象徴的なポーズを3Dデータ化したもの。今回の販売を1回目として、随時NFT作品を販売する予定としている。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

なお、今回注目されたのが、NFTに活用されたのがPolygon(ポリゴン)である点と新曲の名前の類似性だ。「ポリゴンウェイヴ」とNFTの時系列や楽曲のテーマから、関連性を指摘する声も出ている。CoinPost編集部でも、運営会社への問い合わせを行ったが、現時点での回答は得ていない。

楽曲フレーズ

「ポリゴンウェイヴ」の楽曲は、作詞・作曲を従来通りに音楽プロデューサー・中田ヤスタカ氏が手がける。近未来の世界に関連した内容で、歌詞には「人口の星たちが煌めくキミと私の仮想ゲーム」などのフレーズも含まれている。

新曲「ポリゴンウェイヴ」に対するPerfumeコメント

・のっち

「ポリゴンウェイヴ」は、近未来と聞いてすぐにみんなが想像できる“近未来像”の、また更に先のお話?のような気がして、中田さんの創る世界が面白くって仕方がないです。

Perfumeの今後の動向に乞うご期待。

・かしゆか

肩の力が抜けた懐かしさのあるメロディーが耳から離れずその世界に引き込まれる中毒性のある曲です。

マスクの下の本物の顔を声から導き出そうと届きそうで届かないもどかしさが楽曲の世界ととてもリンクしています。

移動中に窓の外を眺めながらぜひ聞いてほしいです♪

・あ~ちゃん

“100年も先いってるみんなが憧れるような街の世界のドラマの曲”と授かりました。涼しげでエレガントで懐かしくて軽やか。

そろそろ踊りたいでしょ?てお姉さんなっちゃいます。

Perfumeは、「ポリゴンウェイヴ」のリリースに加えて、8月に「Perfume LIVE 2021 [polygon wave] 」と題したライブを実施することも発表している。

Polygonとは

Polygonとは、ネットワーク手数料のGAS代高騰問題を解消する開発者向け開発フレームワーク。混雑の続くETHチェーンのメインネットとは異なる拡張を持たせることで、スケーラビリティ問題を緩和する。

以前「MATIC」と呼ばれていたが、「Polygon」への名称変更には、ブロックチェーンを構築するための諸々をまとめた総合的なプラットフォームへの変化という意味が込められている。

Polygonを利用できるサービスとしては、先述の「NFT-Experiment」のにならず、国内ではNFTマーケットプレイス「nanakusa」がβ版サービスを21年4月に開始したほか、MCH+支援タイトルがPolygon対応を実施。国内では初のマルチチェーン対応の事例となった。

関連:仮想通貨ポリゴン(MATIC)とは|注目ポイントと今後の将来性

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア