CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨大型イベントConsensusの影響力調査:2017年の値動きと2018年の注目通貨

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Consensus(コンセンサス)2017の価格影響力
Consensus(コンセンサス)2018も近づくに連れ、仮想通貨に対する期待感も上がっています。コンセンサスが2017年、どの様に価格を変動させたのかと、今年はどの通貨に注目するべきかをまとめました。
Consensus(コンセンサス)2018とは
5月14〜16日にかけて米ニューヨークにて行われる、過去4回の中でも最大規模の仮想通貨イベントです。2017年は様々な新情報が発表され、様々な通貨価格に大きな影響を及ぼしたため、今年も期待する投資家が多いです。

コンセンサス2018の開催日が着々と近づいてきています。

前回のコンセンサスに比べ、出席予定者、スピーカー、プロジェクト数、スポンサーなどが軒並み増えており、コンセンサス2018は過去最大級のイベントとなりそうです。

この大スケールのイベントに対する期待感がどう通貨の価格に影響を及ぼすのか、去年のコンセンサスを例に見ていきたいと思います。

2017年

日本では仮想通貨元年と呼ばれた2017年ですが、コンセンサスはすでに開催3年目(3回目)でした。

コンセンサス2017は、5月22日から24日にかけてニューヨークのマリオット・マーキスで開催されました。

昨年のこの時期、主要通貨は軒並み価格が上がりました。

ビットコイン

出典:coinmarketcap

2016年に比べ、ドミナンスがおよそ90%から70%に減少したビットコインですが、ビットコインの価格の動きが市場全体のコンセンサスの期待度を表しているとも言えるでしょう。

コンセンサス2017の開催日5日前から当日までを見てみると、およそ23%の上昇がありました。

開催後も上昇し続けて、最高で約43%の上昇が見られました。

イーサリアム(EEA):トヨタやサムスンとの提携を発表

2017年5月22日、自動車メーカーのトヨタが企業におけるブロックチェーン技術の標準化を目指す企業連合「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(Enterprise Ethereum Alliance)」に加盟し、ブロックチェーン技術を自動運転車の開発などに応用する姿勢を明らかにしました。

Consensus2017では、 MUFG、デロイト、 サムスンSDS、インフォシス(Infosys)、 DTCC、トヨタ、サンフランシスコ証券取引所、大手製薬会社メルクなど、計86 社のEEAへの加入が発表されました。

出典:coinmarketcap

コンセンサスで発表されたトヨタやサムソン等の大手企業との提携でイーサリアムの価格は驚きの上昇を記録しました。

開催5日前と開催日を比べ、およそ54%の上昇を果たし、期待度は申し分ない状況でした。

発表後も上昇は衰えず、一ヶ月以内で最高でおよそ184%の上昇を見せつけました。

Zcash:JPモルガンとの提携を発表

世界最大級の投資銀行であるJPモルガンが、Zcashの「ゼロ知識証明」技術を採用すると発表しました。

ZcashはJPモルガンとの提携が発表されたと同時に価格が急上昇し、それに伴って知名度も高まりました。

Zcashの「ゼロ知識証明」はイーサリアムでも導入されており、仮想通貨の匿名性に高い関心が集まったと言えるでしょう。

出典:coinmarketcap

Zcashは大々的な発表もあり、開催5日前と開催日を比べ、およそ27%の価格上昇がありましたが、発表されてからわずか1日で138%の上昇を記録しました。

その流れは続き、最高で約280%ほどの上昇を叩き上げました。

この他にもコンセンサスでのスピーチや発表で期待度が上がり、他の仮想通貨も上昇傾向にありました。

リスク(Lisk)

出典:coinmarketcap

開催5日前と開催日を比較すると60%上昇、一ヶ月後には一時的にで752%まで上昇しました。

ファクトム (Factom)

出典:coinmarketcap

開催5日前と開催日を比べ26.6%上昇し、一ヶ月後には最高342.5%まで上昇しました。

今年の注目通貨

さて、2018年も主要通貨が揃ってニューヨークで催されるこの大イベントに参加を予定しています。

今年注目するべき通貨をいくつか紹介します。

ライトコイン(Litecoin)

ビットコインが仮想通貨における金であるとすれば銀の立ち位置にあるのがライトコインです。

ライトコインの創設者でもあり、自ら保有していたライトコインを全て売却する等、界隈では有名なチャーリー・リー氏は今回2日目に登壇する予定です。

イーサリアム

3日目にはEnterprise Ethereum Allianceからの発表があります。

昨年同様、新たな企業提携の発表であれば、価格上昇につながるかもしれません。

ソン(SONM)

5月10日現在、時価総額ランキングでは156位のソン(SONM)もコンセンサス3日目に発表があります。

ウェーブズ(Waves)

過小評価されているとも言われる時価総額39位のウェーブスは、短くもスピーチの時間が設けられています。

アイオン(AION)

一時期より勢いが弱まっている印象を受けるアイオンですが、コンセンサスが大きな動きへのきっかけになるかもしれません。

まとめ

昨年のカンファレンスでは多くの仮想通貨が上昇し、市場が盛り上がったことがわかります。

さらにスケールアップされた今年のコンセンサス2018でも、同様の価格の上昇を期待する方が多いでしょう。

今年のコンセンサスの注目スピーチをピックアップする記事を近々掲載予定ですので、そちらもご覧下さい。

また仕事が忙しくてコンセンサスに行けないと言う方はぜひ。

CoinPost編集長が日本ブロックチェーン協会事務局長の樋田桂一氏とALIS社のCEOである安昌浩氏と共に5月23日(水)夜10時から『世界最大級の仮想通貨サミット「Consensus」帰りの3人が日本の未来を生討論』と題してコンセンサスがどのようなカンファレンスだったのか、3人が語る講座をSchooで生公開で配信します。

事前に会員登録すれば全編無料で視聴できるのでぜひご視聴ください!

CoinPostの関連記事

仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。
世界最大規模の仮想通貨イベント「コンセンサス2018」が開幕間近
2018年5月14〜16日にかけて米ニューヨークで開幕する、過去最大規模の仮想通貨イベント「Consensus(コンセンサス)2018」。どのような点が特に注目されているのか、注目のスピーカーを交えて解説していきます。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/09 木曜日
12:55
ドバイの規制当局 匿名性の高い通貨禁止に
アラブ首長国連邦ドバイの仮想通貨規制局は、ビットコインなど仮想通貨関連の規制ガイドラインを発表。匿名通貨を禁止することを盛り込んでいる。
12:44
富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表
IT大手の富士通は、Web3サービスの企画や実証実験などを目的としたプラットフォーム「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表した。日本国内で2023年3月から、グローバルには2023年度以降に無償提供を開始する。
12:35
ビットコイン22500ドルまで下落、ASTRやGARIは一時高騰
FRB高官発言や地政学リスクで軟調な米株指数に伴いビットコインが続落した。個別銘柄では、日本発のAstar(ASTR)が一時前日比40%高と急騰した。韓国大手取引所Upbitへの上場が発表された。
11:50
米クラーケン、未登録証券提供でSECが捜査=報道
米大手仮想通貨取引所クラーケンが、米国の顧客に対し未登録の証券を販売した可能性があるとして、米証券取引委員会による捜査が進行中であると、ブルームバーグが報じた。
10:55
米コインベースCEO、仮想通貨ステーキング禁止の噂に警戒
コインベースのブライアン・アームストロングCEOは8日「米証券取引委員会がステーキングを禁止しようとしている」との噂について投稿。3月のイーサリアムShanghaiアップグレードの前に不穏な空気になりうるか。
10:30
米ロビンフッド、仮想通貨取引収益が24%減 4Q決算発表
米投資アプリのロビンフッドは8日、2022年第4四半期(10~12月)の決算報告を発表。仮想通貨取引による収益は、前四半期と比較して24%減少した。
09:25
FTX、内部関係者を証人として召喚へ
破綻した仮想通貨取引所FTXは、サム・バンクマン=フリード前CEOらの内部関係者を証人として召喚できる認可を裁判所から得た。同社に関する重要情報を提供するよう要請することが目的である。
08:05
バイナンスら結成の業界連合、多くの企業が参加表明
バイナンスは、仮想通貨業界の信頼を回復するため、企業連合の結成に取り組んでいる。取引所やブロックチェーン分析企業など、すでに多くの企業が参加を表明しているという。
07:25
ナスダック反落 FOMC委員発言の影響などで|9日
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。グーグルの親会社アルファベットの下げが目立った。消費者向けAI分野での競争にはマイクロソフトやグーグルの他、アリババなども参戦してきた。
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。
10:25
DCG、グレースケール提供の投資信託を一部売却
仮想通貨コングロマリット企業のデジタルカレンシーグループは、子会社のグレースケールが提供する投資信託における自社の持ち分を一部売却し始めたことがわかった。最近の売却状況が明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
2023/04/14 ~ 2023/04/16
その他 未定
重要指標
一覧
新着指標
一覧