仮想通貨取引所BitMEX訴訟、裁判官が原告による「仮想通貨の基礎レッスン」提供を却下

仮想通貨のレッスンは必要ない

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所BitMEXに対する訴訟で、基本的な仮想通貨のレッスンを提供するという原告の申し立てを、裁判官が却下したことがわかった。法律メディアLaw360が報じた。

米カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所のWilliam H. Orrick判事は、原告であるBitcoin Manipulation Abatement LLC(BMA)の提案に対し、次のように述べている。

「原告は、仮想通貨に関する個別指導が裁判に有益だと考えているが、私はそうは思わない。原告は目下の課題、つまり、もっともらしい申し立てを行ったと私を納得させることに、重点的に取り組むべきである。」

デリバティブとは

デリバティブとは、仮想通貨や株式といった元になる資産から派生した金融商品のこと。

▶️仮想通貨用語集

訴訟内容と経緯

BMAは、BitMEXの元親会社であるHDR Global Trading Limitedとその幹部であったArthur Hayes氏、Ben Delo氏、Samuel Reed氏を、ゆすりや資金洗浄、また相場操作によって巨額の不正利益を得ていたとして、訴えている。Hayes氏ら3人はBitMEXの共同設立者である。

BMAがBitMEXに対し、初めて訴訟を提起したのは2020年の5月に遡る。BMA側の申し立ては、裁判所から繰り返し却下されており、今回が4度目の訴訟提起となる。

前回に原告の主張が却下されたのは今年3月だった。

関連:BitMEX、巨額マネロンや相場操縦で新たな訴訟に

BMA

原告であるBMAに関する公的な情報は限られているようだ。プエルトリコで登記され、法人登記簿に記載された取締役は、Pavel Pogodinという人物ということだけが明らかになっている。なお、Pavel Pogodin氏はConsensus Lawという法律事務所を代表する弁護士で、BitMEX訴訟を担当している。

BMAは、これまでにリップル社に対しては、未登録の証券を販売したとして(2020年5月)、またFTX取引所に対しては、未登録証券の販売と市場操作を主張して(2019年11月)、提訴した経緯がある。

被告のHDR Global Tradingは、BMAが「仮想通貨分野で”特許トロール”(注:大企業相手に法外な賠償金を請求)のように活動していると認識されている」と語っている。

Pavel Pogodin氏は最近のツイートで、米大手取引所Krakenを不正取引で調査しており、損害を被ったユーザーに連絡するよう呼びかけている。

本命の訴訟

BitMEXに対してはBMAの他にも複数の民事訴訟が起こされている。なお、両件とも担当弁護士は、BMA訴訟と同じPavel Pogodin氏である。

関連:仮想通貨取引所BitMEX、さらなる訴訟事例に直面

しかし、同取引所や元幹部にとって最も重要な意味を持つのは、米司法省(DOJ)と米商品先物取引委員会(CFTC)による刑事訴訟だろう。

昨年10月、DOJとCFTCは、Arthur Hayes氏(元CEO)をはじめとする幹部4人を、BitMEXへのマネーロンダリング防止要件の導入、実施および維持を故意に怠ったとして、銀行秘密法違反および銀行秘密法違反に対する共謀罪で起訴した。これらの罪状が確定すると、それぞれ最高5年の懲役刑が科せられる。

関連:BitMEXの「米国法逃れ」で逮捕事例、何があったのかービットコイン下落要因に

幹部の一人Samuel Reed氏(元CTO)は、同月逮捕され、その後500万ドル(約5.5億円)の保釈金で釈放された。Hayes氏とBen Delo氏は自主的に当局に身柄を預けた後、それぞれ1,000万ドル(約11億円)と2,000万ドル(約22億円)の保釈金で釈放されている。

この3人に対する裁判は、2022年3月に開始される予定だが、BitMEXの事業開発責任者であったGregory Dwyer氏は、依然として逃亡中の模様だ。

なお、取引所としてのBitMEXは、幹部を刷新して新体制を敷き、規制遵守を徹底させ「世界最大の規制に準拠した仮想通貨デリバティブ取引所」として新規サービスの拡大を図るなど、企業努力を続けている。

関連:仮想通貨デリバティブ取引所BitMEX、新規サービスの拡大に注力する方針

著者:幸田直子
参考:Law360

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します