イーサリアムの大型アップグレード「ロンドン」 実施時期が正式決定

「ロンドン」アップグレード、正式日程が決定

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のエコシステムを支えるイーサリアム財団は15日、大型アップグレード「ロンドン」の実施時期を正式に発表した。先週提案された通り、8月3日から5日頃(ブロック高1,296,5000到達時点)にメインネットでアクティベートする形となる。

大型アップグレード「ロンドン」はテストネットでの実装を無事完了。先週提案された通り、以下の5つのEIP(イーサリアム改善案)が含まれている。

  • 手数料モデルの変更(EIP-1559)
  • 基本手数料のオペコードの追加(EIP-3198)
  • ガスの払い戻しの一部削減(EIP-3529)
  • 0xEFから始まるコントラクトの拒否(EIP-3541)
  • ディフィカルティボムを2021年12月1日まで延期(EIP-3554)

中でも注目を集めているのが手数料モデルを変更するEIP-1559。基本手数料が新たに導入されるほか、手数料がバーン(焼却)される新システムが導入される見込みで、ガス代の削減や供給面への変化によるイーサリアムのデフレ資産化(≒に伴うETH価格上昇)などが期待されている。

また、アップグレード実装までの期間中、「ロンドン」の脆弱性に対するバグ・バウンティープログラムの報酬は2倍になる。コミュニティから、コードのミスに対する指摘を募る格好だ。

アップグレードに必要な準備は?

イーサリアム財団は、一般のイーサリアム利用者およびイーサリアム保有者は特別の対応をする必要はないと説明。取引所やウォレット(ウェブ、モバイル、ハードウェア)を管理する企業から連絡があった場合はそれに従うよう勧めた。

また、イーサリアムのノード運営者はノードをアップグレードをする必要があると説明。イーサリアムのマイナーなどは最新のイーサリアムクライアントをダウンロードし、ガス代の上限を2倍にするなど、別途対応が必要となる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します