UNIやSUSHIを含むDeFi投資信託、米グレースケールがローンチ

グレースケール、DeFiファンド開始

米暗号資産(仮想通貨)運用大手グレースケール社とコインデスク・インデックス社は19日、DeFi(分散型金融)領域へのエクスポージャーを提供する「GrayScale Decentralized Finance(DeFi)Fund」と、「CoinDesk DeFi Index(DeFi指数)」のローンチを発表した。両社とも大手仮想通貨持株会社DGC(デジタル・カレンシー・グループ)の傘下企業である。

グレースケール社の新たなファンドは、CoinDeskの新たなDeFiインデックスを基にした投資信託。インデックスはDeFiプロトコルのベンチマーク提供を目指すバスケット型の指数となっており、以下の銘柄から構成されている。(銘柄:ティッカー:比率)

  • ユニスワップ(UNI):49.95%
  • アーヴェ(AAVE):10.25%
  • コンパウンド(COMP):8.38%
  • カーブ(CRV):7.44%
  • メーカーDAO(MKR):6.49%
  • スシスワップ(SUSHI):4.83%
  • シンセティックス(SNX):4.43%
  • ヤーンファイナンス(YFI):3.31%
  • ウマプロトコル(UMA):2.93%
  • バンコア・ネットワーク・トークン(BNT):2.00%

従来のグレースケール社が提供する仮想通貨投資商品と同様、DeFiファンドの販売は適格投資家に限定されるという。

グレースケールとは

グレイスケール・インベストメントは、米国の世界最大の仮想通貨運用企業。機関投資家および適格投資家を対象に、ビットコインの価格と連動した「Grayscale Bitcoin Investment Trust(GBTC)」やイーサリアムの価格と連動した「Ethereum Trust(ETHE)」など多数の仮想通貨投資商品を運営する。

▶️仮想通貨用語集

グレースケール社のMichael Sonnenshein CEOは以下のようにコメントした。

DeFiプロトコルの出現は、金融サービス業界の未来を再定義することができる技術の明確な一例だ。我々は、グレースケールの信頼性と安全性も持ち、業界を牽引する投資商品を通じて、投資家にDeFiへのエクスポージャーを提供できることを誇りに思っている。

また、CoinDesk IndexesのJodie Gunzbergマネージング・ディレクターも以下のように述べた。

この提携は、機関投資家向けのデジタル通貨インデックスを作成する上で、我々のリーダーシップを強調するものだ。

DeFiの革新に注目が集まる中、投資家にとっては、このエキサイティングで革新的な分野へ計算されたエクスポージャーを提供するツールが必要不可欠だ。今回の提携は、投資家のポートフォリオに分散型金融へのエクスポージャーを得るために必要なデータとツールを備える。

グレースケール社の仮想通貨投資商品の内、最も大きな比率を占めているのがビットコイン投資信託(GBTC)。7月16日時点の資産運用残高(AUM)の280億ドル(3兆円)の7割がGBTCで、2割がイーサリアム投資信託(ETHE)となっている。

他にも、複数の上位銘柄をバスケット型に含む「Digital Large Cap Fund」などを提供している。

最近では、1月にロックされたビットコイン投信の大規模アンロック(売買解禁日)が注目を集めた。

関連:ビットコイン投資信託、間もなく訪れる「大規模な売却解禁日」の影響は?

示唆されていたDeFi銘柄

今回発表された、インデックスに関連したDeFi銘柄取扱いは2月時点で示唆されていた。

グレースケール社は23のアルト銘柄の取扱い・追加を検討している方針を明かしており、実際、同リストからはカルダノ(ADA)やファイルコイン(FIL)、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)などの投資信託がすでに追加している。

今回DeFi Fundを通じて取り扱いが決定した銘柄のうち、BNT、COMP、MKR、SUSHI、UMA、UNI、YFIなどの名は、個別に検討銘柄として挙げられていたこともある。

関連:米グレースケール、13銘柄の新規投資信託を検討

著者:Noah Sakamaki
参考:プレスリリース

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します