ジャック・ドーシーCEO「ビットコインをツイッターのサービスに導入したい」 2Q決算説明会

ツイッターのビットコイン活用法

ツイッター社のジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)が、同社の今後のサービスにおいて重要な役割を果たすとの考えを示した。

「AI(人工知能)」、「分散化」と合わせ、「ビットコイン」は、今後のツイッターに関係する3つの重要なキーワードの1つだと主張。ツイッターのサービスにビットコインを導入する考えがあると説明し、この3つを取り入れることは事業に有益であり、それぞれの分野をリードする意向であるとも語っている。

関連Twitter、ビットコイン決済システム導入に可能性

ツイッター社は22日、2021年2Q(4月から6月)の収支報告会を実施。今回のドーシー氏の発言は、この収支報告会で行われた。公の場で、具体的にツイッターのサービスにビットコインを活用する考えを示したのは初めてだとみられている。以前からビットコイン支持派として知られているドーシー氏は、ビットコインの導入も、ツイッター社や株主にとって重要な事業だと説明した。

収支報告会では、上述したドーシー氏の発言に対し、JPモルガンチェースのDouglas Anmuth氏が、「もう少しビットコインをどのように活用するのか聞きたい」と要望。その際ドーシー氏は、以前から繰り返し述べているように、インターネットにはネイティブ通貨が必要で、それにはビットコインが一番適していると主張した上で、以下のように話した。

 

もし、インターネットに世界中が利用できる統一された通貨があれば、商業活動やサブスクリプション、またツイッターの新しい機能である「Super Follows」や「Tip Jar」などのプロダクトをより速く処理することが可能になるだろう。

 

それによって、複数のマーケットを経由しなくても世界中の個人にリーチできるようなサービスになり、このことは我々の未来にとって重要であると考えている。

関連ツイッターのドーシーCEO、ビットコインの可能性や課題を語る

「インターネットのネイティブ通貨」

ドーシー氏は、インターネット上に共通の通貨があれば、単なる通貨という枠組みを越え、ソーシャルメディアをより分散化し、経済的なインセンティブをさらに提供することができるようになると語った。

そして「このような考えを持っているのは我々だけではない」と話し、米フェイスブック社が開発を主導するステーブルコインディエム(旧、リブラ)」を例に挙げている。

ドーシー氏は「考えは同じだが、我々はビットコインに特化する」と説明。ビットコインを導入できれば、さらにイノベーションが進み、より速いサービスを実現して、ツイッターユーザーに新しいユースケースを提供できるだろう、と期待を示した。

ディエムとは

2019年6月に、「リブラ」という名称でホワイトペーパー(事業計画書)が発表された仮想通貨。

新たな国際通貨として普及を目指すと発表したため、現在の金融システムに与える影響等を懸念した各国の政府・規制機関から批判の声が相次ぎ、その後にコンセプトや名称を変更しており、現時点ではローンチまで至っていない。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨リブラ(ディエム)とは|初心者でもわかる特徴を解説

著者:K.Kobayashi
参考:収支報告会

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します