ビットコインは売りのターン継続、NFTコレクティブルゲームで数億円規模の高額落札相次ぐ

ビットコイン相場と金融マーケット

3日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比-1.9%の426万円(38,927ドル)と続落した。

厚めのレジスタンスライン(上値抵抗線)に抑え込まれ、ここ最近の9連騰の反動から調整局面へと移行している。

買いのターンから売りのターンにフェーズチェンジした格好であるが、下値支持線(サポートライン)、一目均衡表の雲上、50日移動平均線の重なる35,000ドルあたりまでに下げ止まることができるかどうかが目下の焦点となりそうだ。

2日には、韓国の金融規制当局(FSC)が、韓国人を対象にサービスを提供する複数の仮想通貨取引所に対して違法行為の疑いで捜査を行っており、同国内の中小取引所が閉鎖に追い込まれる可能性があることがわかった。今後、韓国市場の流動性に影響を及ぼすおそれがある。

関連:韓国、11の中小仮想通貨取引所が閉鎖される可能性=報道

直近のクリプトマーケットでは再びアルトコインが買われ始めており、ビットコインの占有率を示すドミナンスは、7月末の49%台から46.8%まで下落した。

ビットコイン建てのイーサリアム価格を示す「ETH/BTC」も再び上昇に転じるなど、ビットコインが上昇を一服したところで物色されたことを示している。

ETH/BTC日足

デリバティブ取引所FTXのDeFi(分散型金融)先物指数では、直近安値5,100ドルから8,000ドル台まで回復した。戻り高値の11,000ドル(①)を超えていけば、DeFi市場が勢い付く可能性も考えられる。

FTX DeFi指数

イーサリアム基盤の最大手分散型取引所UniSwapを筆頭に、20年6月以降のETH価格を牽引してきたDeFiの市場規模拡大は、間接的にアルト市場の先行指標としても機能してきた。

NFT市場の活況続く

イーサリアム関連では、ETH基盤の規格が主流にある「NFT(非代替性資産)」市場活性化も目に留まるところだ。

今年5月の第2次仮想通貨バブル崩壊後は、週次取引高が激減したものの、その後人気に火が点いたETH基盤のブロックチェーンゲーム「アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)」の爆発力がトリガーとなり、地合い好転も後押しとなってセクターに資金が再流入した。

nonfungible.com

大手NFTマーケットプレイスのOpenSeaが、先週土日で3,500万ドル、4,900万ドルと過去最高取引量を観測するなど活況を呈したほか、NFTプロジェクトのCryptoPunks(クリプトパンク)は、過去1週間で取引量が大幅に増加している。DappRadarのデータによれば、7日間で+1,270%の急増を記録し、その取引量は1億2,000万ドルを超えた。

dappradar.com

17年6月にローンチされ、イーサリアムの歴史上最も古い時代のNFTプロジェクトの一つとして知られるクリプトパンクは、1970年代の英ロンドンのパンクムーブメントに触発されたキャラクター10,000個のピクセルアート画像コレクションだ。

2017年〜2018年に一世を風靡したCryptoKitties(クリプト・キティーズ)のような収集系コレクティブルゲームに該当する。近年では、Dapper LabsのNBA Top Shotにおけるデジタル版トレーディングカードの高騰事例なども追い風となり、売買がより盛んになったとされる。

7月30日には、起業家のGaryVaynerchuk氏が、1,600ETH(約4億円)でCryptoPunkのNFT(デジタル資産)を購入していたことが判明したほか、過去1週間の売り上げ記録では、2,250ETH(約6億円)の超高額落札履歴も確認された。

nonfungible.com

5月11日には、大手オークションハウス「クリスティーズ」が開催した競売(オークション)にて、9体のレアキャラクターを同梱したプレミアムセットが約18億円で落札されるなど、およそ一般常識では推し量ることのできない世界の取引は止まるところを知らない。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します