米SEC、リップル社にSlack履歴の提出を要請

リップル社にSlackの通信データ提出要請

暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)の有価証券問題をめぐる裁判で、米証券取引委員会(SEC)側がリップル社に対して、同社従業員がSlackでやり取りしたメッセージを提出するよう求めた。

SEC側のJorge Tenreiro弁護士は、Netburn裁判官宛ての緊急申立書を9日付で提出。裁判所に対して、リップル社にSlackにおける通信データを引き渡すことを命令するよう要請している。

SEC(証券取引委員会)

株や債券などの証券の取引を監督する米国の政府機関のこと。1934年設立。公正な取引の確保と投資家保護を目的としており、インサイダー取引や企業の不正会計、相場操縦などを防止する。仮想通貨が有価証券に該当するかという判断も行う。

▶️仮想通貨用語集

米SECの申し立て内容

申立書によると、リップル社は当初、Slackのデータを調査し、提出することに同意していたが、これまでに限られたデータしか提出していない状況。2021年7月1日、SECはリップル社に対し、同社が提出したSlackのデータが不完全とみられることを伝えていた。

7月30日には、リップル社はデータ処理のミスにより、ごく一部しかSlack上のメッセージを収集できておらず、膨大な量のデータがまだ検索・収集されていないことを認めていた。

SEC側は以下のように主張している。

リップル社がこれまでに提出した比較的少数のSlackメッセージからは、電子メールやその他の文書には含まれていなかった決定的に重要な情報が得られている。

Slack上のメッセージは100万を超えており、テラバイトのデータを構成している。言い換えれば、Slackメッセージはリップル社が保有する大量の電子メールを凌駕する規模の情報であり、リップル社の従業員が少なくとも電子メールと同じ頻度でSlackでコミュニケーションをとっていたことを裏付ける。

申立書によると、これまでに提出されたSlack上のメッセージは、次のような項目について、重要な証拠となる議論を含むものだという。

  • XRPについて投機的な取引を生み出そうとするリップル社の願望
  • XRP価格に対して、リップル社の動きが与えた影響
  • リップル社の事業におけるXRP販売の重要性
  • XRPの規制上の位置づけ

SEC側は、裁判にあたって正確な記録を構築するために、さらに多くのデータ提供が必要であると結論している。

リップル社の対応

リップル社側は、この申し立てを受けて同じ9日付で文書を発表。この件についてリップル社が応答する期限を8月12日から8月16日まで延長することを要請した。

関連:リップル社裁判の進展と今後のスケジュールまとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します