「全市民にビットコインを配布」米ミズーリ州の市長が構想中

市民全員にビットコインを支給する構想

米国中西部、ミズーリ州クールバレーの市長が、すべての住民に最大1,000ドル相当(約11万円)の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を付与する計画を立てていることが分かった。地元メディアKSDKが報道した。

起業家でもあるJayson Stewart市長は「ビットコインはデジタルゴールドだ。500ドルでも1,000ドルでも、市内の全世帯がある程度のビットコインを受け取れることを望んでいる」と述べている。クールバレー市の人口は、約1,500人である。

デジタルゴールド

ビットコインは「デジタルゴールド」と称されることがある。2,100万BTCという発行上限が設定されており希少性があること、従来型資産に対するインフレヘッジとして購入する投資家がいることなどから、金(ゴールド)と類似したものとして捉える名称だ。

▶️仮想通貨用語集

Stewart市長は、友人の人生がビットコインで変わったのを目の当たりにしたとして次のように話した。

私の友人には、9時から17時まで定時で働く普通の仕事をしていたけれど、(購入したビットコインが)数年のうちに8,000万ドル(約88億円)以上の価値を持つようになり、人生が完全に変わってしまった人がいる。

財源としては、必要な資金のほとんどを、数人の匿名ビットコイン投資家から調達すると述べている。

市長は「寄付をすることに同意してくれた、非常に協力的な投資家」が何人か存在しており、数百万ドルを集められそうな見込みがあるという。その他にも、政府の資金や、Covid-19関連の経済支援金、クールバレー市の予算を同時に活用する可能性についても検討していると説明した。

数年間は売却できないようにする案も

ただ市長は、ビットコインを配布する上での条件もいくつか考えている。特に、住民には、受け取ったBTCを数年間は売ってほしくないとして、次のように語った。

ビットコインを売却できるようになる時期を設定することも考えている。ビットコインが付与されてから5年間はアクセスできないという案などがある。私が一番心配しているのは、次のようなケースだ。例えば、誰かが車のローンを払うためにビットコインを売ってしまう。何年も経って、もしビットコインが大きく値上がりしたら、その人は後悔するだろう。

市長は、環境面についても考慮する姿勢を示した。ビットコインのマイニングが排出する炭素の影響を軽減するために、市の使う照明などを中心に、クールバレー市全体で太陽光発電を進めていくことも構想の一つとして語っている。

配布にともなって、ビットコインの使い方や安全な保管方法についての知識を住民に無償提供したいとの考えも示した。

配布方法や配布スケジュールについて、詳細はまだ明らかになっていないが、2021年中を目安として計画を実施したいという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します