CoinPostで今最も読まれています

モナコインに対する攻撃|史上最大級のブロックチェーン攻撃事件

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

モナコインのブロックチェーンが攻撃され、MONA価格が下落
17日に最高値で約430円をつけていたMONA価格は、370円まで下落(約−14%)しました。今回のBlock withholding attack、Selfish Miningと呼ばれる攻撃について解説しました。
今回の事件での攻撃について
今回の事件は被害額だけでは計ることができない重大事件です。PoWの特性上生じているリスクであるため、この手法を模倣する人が続出すると、他のPoW通貨にも影響が出る可能性があります。また、取引所は、承認間隔が短く、ハッシュパワーが低いPoW通貨の承認回数を増やす対応が増えるかもしれません。
PoWとは
仕事の証明(Proof of Work)。 ビットコインのシステム運用のために定められたマイニングルール。マイニングによる報酬は、計算能力の高さが重視される。
PoSとは
保有による証明(Proof of Stake)。PoWと違い、コインの保有量を重視して新規発行の仮想通貨が貰える仕組みのこと。マイニング(採掘)ではなく、フォージング(鋳造)と呼ばれる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

モナコインのブロックチェーンが攻撃され、MONA価格が下落しました。

出典元:bitbank

17日に最高値で約430円をつけていたMONA価格は、370円まで下落(約−14%)しました。

この事件は、Block withholding attackSelfish Miningと呼ばれる手法での攻撃によるものです。

一体何が起きたのか、Block withholding attack、Selfish Miningとは何か、一から解説していきます。

ブロックチェーンの分岐について

まず、通常時のブロックチェーンの分岐についておさらいします。

ブロックチェーンは、トランザクション(取引履歴)などをまとめたものであるブロックが、次々と鎖のようにつながりながら保存されていっている、とイメージする方が多いと思います。

この流れの中で、同時に複数のブロックがマイニングされる場合があります。

悪意を持ったユーザーによるものなどのケースがありますが、ここでは偶然同時に複数ブロックが生成されたケースを説明します。

画像のように、PoWのブロックチェーンでは、「長いブロックチェーンが正当なもの」とされ、マイナーは長いブロックチェーンにブロックを繋げることにインセンティブがあるため、短い方は捨てられて、長いブロックチェーンが続いていくことになります。

今回の事件での攻撃について

それでは今回の事件の話に戻ります。

マイナーはブロックをマイニングした場合、通常であればすぐにブロードキャスト(ビットコインネットワークに送信し全世界に公開)します。

しかし、今回の事件では、次のブロックを掘るのに優位な条件を持ったマイナーが、ブロードキャストせずにマイニングしつづけました。

青:最長と思われているブロックチェーン
灰:隠されたブロックチェーン

先ほどの話に戻ると、PoWのブロックチェーンでは最長のものが続き、短い方は捨てられます。

しかし、今の状態では、最長と思われているブロックチェーンよりも長い、隠されたものが存在していることになります。

ここで一気に、隠されたブロックチェーンがブロードキャストされたとします。

灰:破棄されたブロックチェーン
青:正当なものとみなされたブロックチェーン

すると、PoWの「長いブロックチェーンが優先」のルールが適用され、今まで最長と思われていた灰↑のチェーンは破棄されます。

つまり、この間に行われたトランザクションも無効になります。

これをreorg(re-organization:再編成)と言い、これらの一連の流れを意図的に起こすものが、Block withholding attack、Selfish Miningと呼ばれる攻撃です。

具体的な経緯と被害額

青(正):Livecoinへの送金取引記録○
灰(隠):Livecoinへの送金取引記録×

Livecoinという取引所は、青↑のブロックチェーンで「取引所にMONAが送金され、他通貨との売買も完了」という取引が記録されていました。

その後、先ほどの手順通り灰↓のブロックチェーンがブロードキャストされました。

灰(廃棄):Livecoinへの送金取引記録○
青(正):Livecoinへの送金取引記録×

その結果、「取引所にMONAが送金され、他通貨との売買も完了」という取引記録が破棄されてしまいました。

正当なものとなった青↓のブロックチェーンでは、そのMONAが別のアドレスに移動された取引記録が存在し、それが正しいものとして残っています。

これにより発生した被害の総額は、約24,000 MONA(正確な数字は不明)と推測されています。

17日の1 MONA=約417 円で計算すると、約1,000万円の被害額となります。

この攻撃の対策

PoWである以上、対策出来ることは「取引所が入金OKとする時のブロック承認数を上げる」以外に有効なものはないとされています。

他にはPoSへの移行も提案されています。

注意点として、これは、PoWだから危険、PoSだから危険ではないという話ではありません。

最も単純なPoSは、最も長いブロックチェーンを承認するインセンティブがないことが原因で、適当に全取引を承認していくマイナーが出て、分岐が収束し辛くなるという「Nothing at Stake問題」なども指摘されています。

よって、優劣ではなく、どの部分を重視するかという話になります。

取引所の対応

モナコインを扱う大手取引所であるbitbankとbitFlyerはそれぞれ対応を発表しました。

  • bitbank:出金一時停止→再開、ブロック承認数を100回へ引き上げ
  • bitFlyer:ブロック承認数の一時的な引き上げ

bitbank

bitFlyer

今回の事件で注目すべき点

出典元:shutterstock

今回の事件で注目すべきなのは、「ブロックチェーンに対する攻撃」による被害であることです。

例えばコインチェックのネムハッキング事件では、膨大な被害額で話題になりましたが、ブロックチェーンの問題ではなく、あくまでも「取引所の問題」であったことが言えます。

しかし、今回の問題は「ブロックチェーン」自体に対して行われたものです。

ブロックチェーンが何故世界的に注目されているのか、どこが優れているのか、それは「改ざんが困難」という点です。

確かに、ブロックの中の取引記録が改ざんされた訳ではありませんが、実質ブロックチェーンの書き換えが行われたと言っても過言ではありません。

今後業界にどう影響するか

今回の攻撃は以前より手法として指摘されていたものの、大規模で実際に行われたのは初とされています。

PoWの特性上生じているリスクであるため、実際に出来ると知って模倣する人が続出すると、他のPoW通貨にも影響が出る可能性があります。

特に、承認間隔が短く、ハッシュパワーが低いPoW通貨です。

これらの通貨ホルダーがその危険を避けるために売りを入れ、価格が下がり、マイニング報酬が下がってマイナー離れが起きると、ハッシュパワーは更に低くなり、更に攻撃しやすくなるという悪循環に陥ります。

また、取引所はbitFlyerやbitbankのように承認回数を増やす措置を取ることが考えられ、こちらも承認間隔が短く、ハッシュパワーが低いPoWの全通貨に起きる可能性があります。

このように、今回の事件は被害額だけでは計ることができない事件です。

これはPoWだけで終わらせるべき話ではなく、PoSに存在するセキュリティリスクも含め、今後更にコミュニティでの議論を進める必要性があると言えます。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア