CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨系メディア3社、広告枠をNFT化して販売する実証実験を開始 〜広告枠NFTの取引にはスマートコントラクトを活用、業務のDX化を狙う〜

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨系メディア3社, 広告枠をNFT化

株式会社CoinPost (本社:東京都東京都千代田区、代表取締役CEO 各務貴仁 )が運営するブロックチェーン/仮想通貨専門メディア「CoinPost」(https://coinpost.jp/ )と株式会社OESIR (本社福岡県福岡市博多区、代表:井上裕雅 )が運営するメディア「dAppsMarket」 (https://dappsmarket.net/ )、株式会社ロクブンノニ (本社:東京都西新宿、代表:新井進悟 )が運営するメディア「CRYPTO TIMES」(https://crypto-times.jp/ )は各メディアのデジタル広告枠をNFTとして販売する実証実験を開始することを発表いたします。

販売するのは各メディアが選定したページ内や記事下部に「広告を出稿する権利」がNFTとしてオークション形式で販売され、落札した広告主の広告が10月より掲載されます。NFT化された広告枠はNFTマーケットプレイス「Kaleido」上でMaticにて販売され、決済や広告内容の入稿、審査は全てスマートコントラクト上で行われるため、従来の広告枠取引のDX化を視野に入れた取り組みとなっています。

今回の実証実験では、3つのポイントを検証します。

1. 広告枠の収益性向上

従来の広告枠取引の中身はブラックボックス化されており、広告代理店とメディアの間で閉じられた取引を行っています。取引には様々な人が関わっており、業務によってはデジタル化が遅れている部分もありDX化が中々進んでいない領域です。

この領域にスマートコントラクトを活用することで、取引にかかる人員の削減やキャッシュフローの改善効果が見られるかを検証します。

2. 純粋な広告枠効果とは異なる新しい体験価値創出の可能性

昨今のNFTブームにより高額なNFT販売事例が相次いでおり、それに乗じてNYタイムズのビルボードに自分が保有しているNFTを展示してコミュニティで盛り上がる動きなどが誕生しています。NFT以外では、韓国のアイドルの誕生日や記念日に屋外広告にファンがお金を出し合い広告を出稿するファン広告の事例も増えてきました。

広告枠をNFT化しマス層にまで販売の門戸を開くことで、PVやクリック率で評価される従来のFungibleな広告価値ではなく、「私のNFTが〇〇に掲載された!」という替えの効かないNon-Fungibleな体験に紐づく新しい価値感が生まれるのかを検証していきます。

3. 広告枠NFTの2次流通の可能性

広告枠はNFTとして販売されるので、2次流通することが想定されます。掲載面に出稿された広告が話題になることで枠の価値が上昇しNFTが2次流通することで、メディアの新しいマネタイズポイントとなることを期待しています。

広告取引画面イメージ

今回販売される広告枠

※PC=パソコンのみ、SP=スマホのみ

CoinPost

[CoinPostサイトトップバナー PC ]:販売ページはこちら

[CoinPostサイトトップバナー SP]:販売ページはこちら

dAppsmarket

【10月分】dAppsMarket記事下広告(SPのみ):販売ページは こちら

最低保証imp:12万imp

CRYPTO TIMES

【21/10月PC】CRYPTO TIMES記事内タイトル下 :販売ページはこちら

最低保証imp:4万imp

【21/10月SP】CRYPTO TIMES記事内タイトル下:販売ページはこちら

最低保証imp:8万imp

販売スケジュール

入札開始  :9/22(火)

販売期間  :9/22~9/28

広告入稿期間:9/28~9/30

広告掲載開始:10/1~10/31

メディア・開発企業について

CoinPost

https://coinpost.jp/

CoinPostは、常に先行する海外クリプト情報と国内クリプト情報の非対称性を少しでも払拭し、日本の仮想通貨投資家の方々に有益な情報を届けるべく、2017年7月に運営開始しました。おかげさまで、2020年7月に創業4年目を迎え、同年10月には各国の仮想通貨メディアのなか、月間訪問者数世界3位となるなど、国内最大の仮想通貨メディアに成長しました。

dAppsMarket

https://dappsmarket.net/

dAppsMarketは、国内外のNFT・ブロックチェーンゲームの情報を中心に発信。

初めてNFTが話題となった2017年から一貫してNFTを専門分野とし、多くの企業と提携を行い各企業やプロジェクトの独自インタビューを含む、最新の情報を皆様にお届けしています。

特に2020年からNFT周りに対する周囲の反応が大きく変わってきた中、専門的な情報を集約しアップデートを行って行くことで、読者の皆様には正しい知識を届けられるよう心がけています。

またこの分野での専門性の高さから、雑誌やラジオのメディアに出演やイベント等での登壇を行わさせて頂いた実績もございます。

CRYPTO TIMES

https://crypto-times.jp

CRYPTO TIMESは、2018年1月より運営する暗号資産(仮想通貨)に特化した日本最大級のWebメディアです。業界のキーマンへのインタビューを始め、最新の情報などをいち早く配信しています。

https://ct-analysis.io

また、2021年9月にリニューアルしたCT Analysisと呼ばれる、暗号資産(仮想通貨)/ブロックチェーンの分野に特化したリサーチレポートコンテンツを2020年2月より提供しており、こちらは月に3-4回程度のレポート配信を無料で行っており、登録ユーザー、企業からの満足度も非常に好評なレポートとなっています。カスタムレポーティングなども非常に好評となっています。

現在、CRYPTO TIMESはGitcoin GR11にも参加しています。

Gitcoin Grant参加リンク : https://gitcoin.co/grants/2289/ct-analysis-produced-by-crypto-times

Kaleido

KaleidoはNFT化された広告枠の出品・入稿・審査・売買を行うためのNFTマーケットプレイスです。今回の実証実験に向けて、Bridgesが中心となりβ版が開発されました。Kaleido上の広告枠取引における金銭のやり取りはすべてスマートコントラクト上で行われ、メディアの審査が完了した広告内容が自動的に設定された枠に表示される仕組みになっています。

詳細リンク:https://about.kaleidodao.org/

広告枠販売サイト:https://kaleidodao.org

Twitterリンク:https://twitter.com/kaleido_dao

Discordリンク:https://discord.gg/YfuKpNeFJS

また、Kaleidoは現在Gitcoin GR11に参加しています。

Gitcoin Grant参加リンク:https://gitcoin.co/grants/3614/kaleido-decentralized-ad

企業概要

株式会社CoinPostについて

会社名:株式会社CoinPost

代表者:代表取締役社長CEO 各務 貴仁

住所 :東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル27階

運営サイト:CoinPost (https://coinpost.jp/ )

問い合わせ先:https://coinpost.jp/?page_id=84445

株式会社OESIR

会社名:株式会社OESIR (https://oesir.com/ )

代表者:井上裕雅

住所:福岡県福岡市博多区住吉5-5-12 博多ヒューバンクビル202

連絡先:0924020778

運営サイト:dAppsMarket(https://dappsmarket.net/)https://dappsmarket.net/

問い合わせ先:dappsmarket@gmail.com

株式会社ロクブンノニ

会社名 : 株式会社ロクブンノニ ( ​​https://rokubunnoni.com )

代表者 : 新井 進悟

住所 : 東京都新宿区西新宿6-12-4 コイトビル202

運営サイト:CRYPTO TIMES(https://crypto-times.jp )

問い合わせ先:arai@rokubunnoni.com

Bridges, Inc.

会社名 Bridges, Inc. (https://bridges.inc/ )

代表者 小池 駿平

住所  東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 1310

連絡先 03-5962-4062

問い合わせ先:contact@bridges.inc

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア