CoinPostで今最も読まれています

Coinbase:分散型取引所(DEX)を買収してERC20トークンの取り扱いが可能に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinbaseがParadexを買収
5月23日、Coinbaseがお互いに直接仮想通貨を直接取引することを可能にするプラットフォームParadexを買収したことを発表しました。これにより、ERC 20トークンの取り扱いが可能になり、Coinbaseが運営する仮想通貨取引所で取り扱うことのできる仮想通貨の数を増やすことができます。
GDAXからCoinbase Pro.へ
CoinbaseのCEOは同社が運営していた取引所GDAXをCoinbase Pro.に改名したことを発表しました。これはより専門的なツールやサービスを提供していくという意思表示でもあります。
ERC 20とは
ERC 20とはイーサリアムブロックチェーン上でICOをするときに採用される基準のことです。つまりERC 20トークンは互換性があり、1つのウォレットで多くのトークンを管理できるようになります。ERC 20に準拠していること自体が安全性の保証になり得ます。

CoinbaseがParadexを買収

Coinbaseは新たな大きな一歩を踏み出しました。

CoinbaseはParadexの買収を発表しました。

Coinbaseは仮想通貨取引所Coinbaseだけでなく、ウォレットアプリや店舗向けの決済ツールを運営している企業です。

Paradexは、0xプロトコルを用いて構築されたP2P ERC20 分散型取引所(DEX)です。

ユーザーはこのプラットフォームを利用して、仮想通貨をウォレット間で直接取引をすることができます。

今まではCoinbaseの取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュのみでしたが、Paradexを買収したことでERC20トークンを取り扱えるようになり、取り扱う通貨の数を増やすことができます。

規制により米国の取引所はICOトークンを上場することにとても慎重な姿勢を見せています。

米国証券取引所(SEC)はデジタル資産は有価証券とみなしており、取引所は規制当局の登録を得なければなりませんでした。

したがって、Coinbaseは必要なコンプライアンスが変更され次第、Paradexを米国のユーザーに提供すると発表しています。

また、0x(ゼロエックス)はこの発表を受けて高騰を見せたようです。

日本時間で5月24日の朝方の数十分の間に価格が1.5倍になりました。

Paradex側も今回の買収によりCoinbaseの仮想通貨エコシステムの一部になれたことを喜ばしく思っているようです。

以前に発表されたERC20サポートはこの買収を見越していた?

Coinbaseは3月にERC20のサポートの追加計画を発表しました。

この発表は、今回のParadex買収を見越したものだったのかもしれません。

主要なERC20トークンは以下の通りです。

  • EOS (EOS)
  • TRON (TRX)
  • VeChain (VEN)
  • Binance Coin (BNB)
  • Augur(REP)
  • OmiseGO(OMG)

ただし、Tron(トロン)は5/31、EOS(イーオス)は6/2にメインネットに移行予定です。

メインネットを開始する予定のERC20通貨ラインナップ
TRON、EOS、Vechain、Ontologyなどがメインネットを開始することが発表されています。メインネットを開始する時期、新しいトークンに更新する方法、また今回のメインネットの開始に伴う注目すべき情報を紹介しています。

GDAXからCoinbase Pro.へ

また、今回の買収に伴い、Coinbaseが運営していた世界最大級の仮想通貨取引所GDAXがCoinbase Pro.に進化したと、CEOのBrian Armstrong氏(以下 Armstrong氏)が同社のブログを通じて発表しました。

Armstrong氏:

「2015年の開始以来、GDAXは流動性と安定性をもたらしてくれています。

また、活発な仮想通貨トレーダーの必要性を教えてくれていました。

Coinbase Pro.に改名した理由は、個人の活発なトレーダーは彼らそれぞれのニーズに答えてくれる商品を求めているということを認識したためです。」

Coinbase Pro.はより専門的な取引ツールやサービスを提供していくとしています。

Coinbase Pro.は6月の終わり頃から開始され、もともとのGDAXユーザーは自動的に新しいプラットフォームに移行します。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/02 木曜日
16:53
プロトレーダー向けNFT市場「Blur」の戦略とは
イーサリアムのNFT経済圏では、プロトレーダー向け NFTマーケットプレイス「Blur」のシェアが急拡大している。2月1日時点でBlurの出来高は7,248 ETH(15億5900万円)でOpenSeaを上回った。
16:35
平議員「なぜ日本の政策にweb3が必要なのか」 岸田総理は前向きな答弁
自民党web3 PT座長の平将明議員は、衆院予算委員会にてデジタル分野における国家課題(政府のweb3政策)について質問を行い、岸田総理は前向きな見解を示した。web3には暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン、NFT、メタバース、DAOなどが含まれる。
12:35
テザーCTO、セルシウスからの借入を否定 破産報告書に反論
テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者は、破綻した暗号資産(仮想通貨)融資企業セルシウスの破産報告書で指摘された融資内容について強く否定した。
12:20
ChatGPT、サブスクプランを発表
米OpenAIが、世界各国で流行するAI言語モデル「ChatGPT」の月額20ドルのサブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」を発表した。ChatGPT無料版は引き続き提供し、ユーザー獲得に結びつける方針だ。
12:03
FOMC好感でビットコイン24000ドル台に上昇、イーサリアムは前日比5%超
警戒されていたFOMCおよびパウエル議長会見内容が市場に好感され株や暗号資産(仮想通貨)が反発。ビットコインが24000ドルを回復したほか、Shanghai(上海)アップグレードを控えるイーサリアム(ETH)が上昇した。
11:40
Stargate Finance、STGトークン再発行を提案
Stargate Financeは1日、すべてのSTGトークン再発行を提案した。アラメダリサーチのウォレットから資金が不正流出していることをリスクとして指摘している。
11:15
CoinbaseNFTの事業再編計画
米大手仮想通貨取引所コインベースのNFT電子市場「CoinbaseNFT」について、事業再編の中でクリエイタードロップ機能を停止することが明らかになった。CPOを務めたSurojit Chatterjee氏は2月3日に退社予定だ。
10:25
米メタ社、VRフィットネスアプリWithin買収に一歩前進=報道
米メタ社は、VRアプリメーカーWithinの買収に向けて一歩前進した。米地裁がFTCによる買収阻止の申し立てを却下した形だ。2022年第4四半期の決算報告も行った。
10:05
BTCの投げ銭が可能なSNS「Damus」が提供開始
分散型SNSアプリDamusは、アップル社のApp Storeで入手が可能になったことを発表。Damusはツイッターキラーとも呼ばれ、仮想通貨ビットコインの投げ銭もできる。
08:15
BNBチェーン、分散型ストレージを発表
BNBチェーンは、分散型ストレージBNB Greenfieldのホワイトペーパーを公開。バイナンスのCZ氏は、仮想通貨BNBの実用性が拡大するとコメントしている。
07:05
NYダウ・仮想通貨関連株全面高 FOMCで利上げ幅縮小を受け|2日
2/2(木)朝の相場動向(前日比) 伝統金融 NYダウ:34,092ドル +0.02% ナスダック:11,816ドル +2% 日経平均:27,346円 +0.07% 米ドル/円…
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア