CoinPostで今最も読まれています

米スクエア社、ビットコインの採掘システム開発を検討

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マイニングシステム構築を検討

米スクエア社のJack Dorsey CEOは16日、同社が仮想通貨ビットコイン(BTC)のマイニングシステム構築を検討していることを明かした。

同社は、7月にビットコインのハードウェアウォレットを開発する計画を明らかにしており、ウォレットのチーム内でマイニングシステムに向けた調査を開始するという。

関連:米決済大手スクエア、ビットコインのハードウェアウォレット開発へ

Dorsey CEOは、8月にビットコインのマイニングを自身で試みていることを報告し、ビットコインに対する提言なども行ってきた。

スクエア社は世界中の企業、個人に向けたビットコインのマイニングシステムを、カスタムされたシリコン(設計)とオープンソースに基づいて開発することを検討している。もし実際にやるとしたら、私たちのハードウェアウォレットのモデルを踏襲するだろう。つまり、コミュニティと協力しながらオープンに構築するということだ。

Dorsey氏は上記のツイートに続けてスレッド形式でマイニングシステムを構築するべき理由を語っており、全文は以下の通りとなっている。

現状の課題点として挙げられた5つはそれぞれ、マイニングの分散不足、マイニングの効率性、シリコン設計の集中、垂直統合への関心不足、マイニングが誰でもアクセス可能でない点、などだ。

1/マイニングはより分散されなければならない。マイナーの大事な仕事は、信頼できるサードパーティー無しにトランザクションを安全に処理することだ。これは、最後のビットコインが採掘された後、重要になる。より非中央集権になるほど、ビットコインネットワークはより強靭になる。

2/マイニングはより効率的になるべきだ。クリーンで効率的なエネルギー消費を模索するのはビットコインの経済、影響、スケーラビリティにとって素晴らしいことだ。エネルギーはシステムレベルの問題であり、シリコン、ソフトウェア、統合においてイノベーションを要求する。最大の機会はなんだろうか。

3/シリコンの設計は、少数の企業に集中し過ぎている。これは、供給もまた過度に制限されている可能性が高い。シリコンの開発はとても高額で長期的な投資を必要とし、ソフトウェアとシステムの設計と緊密に組み合わせることが最良である。なぜもっと多くの企業がこの仕事に取り組んでいないのか。

4/垂直統合への関心が充分ではない。ハードウェア、ソフトウェア、製品化、そして分散には、チェーンの一つの技術を向上させるのではなく、エンドカスタマーへ届ける説明責任が必要になる。これを単一のシステムとして見ることは、アクセシビリティを向上させるのだろうか。

5/マイニングは全ての人がアクセス可能なものではない。ビットコインのマイニングは電源に機器を接続するぐらい簡単であるべきだ。今日ではマイナーを自分で稼働することの複雑さを克服するほどのインセンティブは個人にとって十分ではない。マイナーを稼働する人々にとって最も大きな障壁はなんだろうか。

マイニングの課題、複雑さや地理的集中なども

ビットコインのマイニングは現在、大量の機器を確保する営利目的の大規模な業者が主要なプレイヤーとなっている。中国での取り締まりにより業者は分散傾向にあるものの、地理的にもマイニングは米国などに依然として集中している状況だ。

関連:米仮想通貨マイニング企業マラソン社、ビットコイン含む担保で銀行から110億円の融資

また、シリコンはCPUなど半導体の主材料であり、同じくマイニングに利用されるGPUも含めインテルやAMD、NVIDIAなど少数の企業が市場のシェアを獲得している。

半導体の受託製造(ファウンドリ)も台湾のTSMCが多くのシェアを握っており、こういった企業の動向で半導体の供給が左右される状況にあるとされる。

Dorsey氏は、スクエア社のチームがこのプロジェクトに取り組むために必要となる詳細な技術的調査を開始すると発表した。チームを率いるJesse Dorogusker氏は、スクエア社のハードウェアウォレットチームを運用している。

Dorogusker氏はチーム内にプロジェクトを置き、「シリコンのアーキテクチャ、設計から始め、より効率的なハッシュアルゴリズム、電源アーキテクチャを試作する」とツイート。プロジェクトの人員募集も計画している模様だ。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/26 水曜日
07:00
米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの審査は順調」
米SECのゲンスラー委員長は、仮想通貨イーサリアムの現物ETFの審査手続きは順調であると語った。一方で、承認時期がいつになるかは不明確であると話している。
06:40
ドイツ当局の売圧継続か、88億円相当のビットコインを移動
仮想通貨追跡サイトArkhamによると、BKAはまず400 BTC(39.5億円相当)をコインベースおよびクラーケンのウォレットに送信。その後、500 BTC(49億円)を特定されていないアドレスに移したという。
06:05
ソラナ新機能「Blink」、X(ツイッター)離れず仮想通貨取引やステーキングなど可能に
この新機能により、ユーザーは現在閲覧しているツイッターを離れることなく、取引やステーキング、NFTのリンクへ接続し、トランザクションを送信できるようになる。
06/25 火曜日
18:00
チェーンリンクの買い方、取引所選びの完全ガイド
暗号資産(仮想通貨)チェーンリンク(LINK)の特徴、最新価格、将来性、購入方法について詳しく解説。多様な用途と採用事例で注目されるLINKの成長の背景を探ります。
17:03
ブロックチェーンゲームでも税金が発生する?課税のタイミングやNFT取引における所得の注意点などを解説|Aerial Partners寄稿
暗号資産(仮想通貨)の損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partners所属の税理士が、STEPNやブレヒロなどの人気ブロックチェーンゲームの煩雑な税金計算の基本について初心者向けに解説。国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostに寄稿しました。
15:44
仮想通貨市場、今週の材料まとめ|イーサリアム、アバランチ、JUP、PRIMEなど
ビットコイン、イーサリアム、ソラナなど時価総額上位の暗号資産(仮想通貨)やその他の注目銘柄について、過去1週間の材料をまとめた。
13:20
韓国シンクタンク、ビットコイン現物ETF導入に警鐘 地域経済を弱める可能性
韓国金融研究院は、韓国におけるビットコインの現物ETFの導入は、 国内経済にとっては利益よりも多くの問題をもたらす可能性が高いと警鐘を鳴らした。
12:38
マウントゴックスの売り圧懸念でビットコイン急落、思惑先行の指摘も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が急落し、58000ドル台まで下落した。マウントゴックス(Mt.Gox)の債権者弁済が7月に始まることを受けたものだが、専門家からは市場の売り圧力は市場予想を下回るとの見解もある。
11:20
Coatue、米上場マイニング企業Hut8に240億円出資 AIインフラ構築で
米上場仮想通貨マイニング企業Hut 8は、AIインフラ構築で米投資企業Coatueから約240億円の戦略的投資を受けると発表した。
10:35
仮想通貨投資企業コインシェアーズ、FTXに対する請求権を63億円で売却
欧州の仮想通貨投資企業コインシェアーズは、破綻したFTXに対する債権請求権の売却に成功し約63億円を受け取ったと発表した。
10:05
米政府、SECに批判的な人物をNSC特別顧問に任命
米バイデン政権は、SECに批判的なキャロル・ハウス氏をNSCの特別顧問に任命。ハウス氏は、仮想通貨やブロックチェーン、CBDCに精通した人物である。
08:50
STEPN GO(ステップンゴー)、iOS版25日にローンチ予定
ライフスタイルアプリ「STEPN GO」のアップルiOS版アプリは、日本時間25日17時よりダウンロード可能になる予定だ。
08:05
ステーブルコインUSDT、アルゴランドとEOSで発行終了
ステーブルコインUSDTを発行するテザーは24日、アルゴランドとEOSという2つのブロックチェーンへの対を終了するを発表した。
07:20
野村、仮想通貨に関する機関投資家の動向を調査
日本の機関投資家の54%が今後3年間に仮想通貨に投資する意向であることなどを記載した調査結果を野村が公表。他にも投資配分や参入障壁なども機関投資家に聞いている。
06:40
DEX Screener、ソラナ基盤ミームコイン市場をローンチ
主要な仮想通貨銘柄の情報を検索するプラットフォームDEX Screenerはソラナ基盤ミームコイン市場「ムーンショット(Moonshot)」をローンチした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア