FTX、ビットコイン先物ETFの取扱開始

BITOがFTXにも上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは22日、ProSharesのビットコイン先物ETF『BITO』を取り扱い開始を発表した。

上場したのは、BITOの現物と四半期先物。あくまで株トークンの一種であり、外部ウォレットに出金したりすることはできない。

BITOは19日に、初めてSECに承認されたビットコインETFとしてNYSEのArcaに上場した上場投資信託だ。初日で出来高が1,000億円を超えたことで注目を集めた。

関連Valkyrieのビットコイン先物ETFが取引開始、米二例目

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物の元プロが解説

FTXは昨年の10月から株トークンの取引を提供しており、テスラやアップル、コインベースなどさまざまな銘柄を取り扱っている。ドイツのライセンスを受けた投資会社CM-Equity、及びトークン化ソリューションプロバイダーであるDigital AssetsAGと提携し取引の清算などを行っている。

一方、バイナンスも数ヶ月間、株トークンを提供していたが、複数の規制当局から警告を受けた結果、7月にサービス終了を発表していた。

関連香港とリトアニア、仮想通貨取引所バイナンスに警告 株トークンの中止も

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します