米資産運用大手とBlockFiが提携、ビットコインETFなどの新商品ローンチで

ビットコインETFなどの新規事業で提携

米独立系の資産運用会社ニューバーガー・バーマン(Neuberger Berman Group LLC)は25日、大手仮想通貨貸付企業BlockFiと提携し、ビットコイン(BTC)などの投資商品を立ち上げていく計画を発表した。

両社がともに進めるのはビットコインETFや投資信託を含む仮想通貨の資産管理商品で、顧客が既存の証券口座から利用できるようになるという。

米国では先週2つのビットコイン先物ETFが上場。ニューバーガー・バーマンとBlockFiはビットコインETFの普及が今後新たな顧客需要を生み出すと見込んでいるようだ。

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物のプロが解説

関連上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

ニューバーガー・バーマンはグローバルで株式や債券などを機関投資家や富裕層に提供する資産運用企業で、40兆円に相当する資産を運用。8月に同社運用のコモディティファンド『Commodity Strategy Fund』で最大5%の資金をCMEなどの米ビットコイン先物及びカナダのビットコインETFで運用することが可能になったことがわかった。

関連米資産運用大手ニューバーガー・バーマン、ビットコイン先物・ETF運用を許可

また、BlockFiは10月に、アクティブ・ファンドとして運用されるビットコイン先物ETFの申請書類をSECへ出していた。75日間以内にSECから異議を受けていなければ、12月23日前後に承認される見込みだ。

関連BlockFiに証券法違反の疑い、規制当局の指摘事例まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します