NBAの大物ケビン・デュラント選手、SPAC経由で仮想通貨企業の買収検討か

NBA選手、仮想通貨企業の買収も視野に

米NBAを代表する選手の1人であるケビン・デュラント氏が、保有する投資企業Thirty Five Venturesを通じて、暗号資産(仮想通貨)関連の企業の買収(SPAC)を検討していることが判明した。米SEC(証券取引委員会)の書類で明らかになった。

ケビン・デュラント選手はルーキー時代にNBA新人王に輝いたほか、ゴールデンステート・ウォリアーズ時代には2度NBAチャンピオンになるなど華々しいキャリアを持つ。

バスケ選手としてだけではなく、エンジェル投資家としての一面もあり、過去にはコインベースに出資した経歴を持つほか、直近では仮想通貨支払いアプリValoraのシリーズA資金調達ラウンドに参加した。

今回、デュラント選手が2021年3月に設立したSPAC企業のInfinite Acquisition Corpを通じて仮想通貨関連の企業を買収し、新規株式公開(IPO)を検討していることがわかった形だ。

SPACとは

「特別買収目的会社」の略称。自ら事業を行わず、未公開企業や他社事業の合併・買収を目的とした企業を指し、米国では近年増加傾向にある。

▶️仮想通貨用語集

先日、仮想通貨企業Bakktが10月にSPACとして上場を果たした事例がある。

関連: 米Bakkt、10月にNY証券取引所に上場か SECがSPACを承認

申請では、買収を検討する業界の1つとして「暗号資産・デジタルアセット」を挙げ、以下のように評価した。

近年は、コインベースやクラーケン、チェイナリシスやブロックチェーンドットコムやBlockFiなどのプラットフォームや、レッジャー社のハードウォレット技術などセキュリティソリューションが台頭し、仮想通貨の普及が加速している。

これらの技術は、インターネットを所有可能なものにし、クリエイターに報酬を与える新しい方法を提供することで、無限の創造性を可能にし、この希少性の民主化を利用するための潜在的に巨大な新しいプラットフォームの出現に向けて推進している。

また、NFT(非代替性トークン)についても評価し、SuperRareやDapperLabs、Axie Infinity、Decentralandなど、ブロックチェーンを介して、アート作品やコレクターズアイテム、ゲームアイテム、デジタル不動産などを「購入」または「所有」する能力に対する需要が高まっていると分析。NFTがアスリートのパフォーマンスやアーティスト、クリエイターに直接投資する機会を提供し、これまで流動性の低かった資産の流動性を高めると高く評価した。

そのほか、仮想通貨領域の他にもスポーツやヘルス・ウェルネス、Eコマース、食品技術なども検討していることが示された。

上場した場合のティッカー名は「NFNT.U」で1株あたり10ドルで最大2,000万ドル分の公募を行う予定。18ヶ月以内に買収か合併に至らない場合は、株式を全て現金で買い戻すという。

プロスポーツ界と仮想通貨

米プロスポーツ界では、プロアスリートが現役中に投資や事業を立ち上げる事例が増えており、仮想通貨への投資や仮想通貨・ブロックチェーン領域の企業を設立する選手も少なくない。

かつてデュラント選手のチームメイトだったステフィン・カリー選手も9月に大手仮想通貨取引所FTXとアンバサダー契約を締結している。

関連:仮想通貨取引所FTX、NBAスターのステフィン・カリー選手と提携

また、米4大プロスポーツの一角であるNFLの名QBであるトム・ブレイディ選手も21年4月に自身のNFTプラットフォーム「Autograph」をローンチ。大手仮想通貨取引所FTXの株主にもなっていた。

NFLでは、グリーンベイ・パッカーズQBのアーロン・ロジャース選手が今週年俸の一部ををビットコイン(BTC)で受け取る方針を明らかにしたばかりだった。

関連:米NFLベテランQB、一部年俸をビットコインで受け取りへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します