ブロックチェーンゲーム企業Forte、メタバース推進で820億円調達

今年の最高調達額

ブロックチェーンゲーム関連企業Forteは12日、シリーズBで、820億円を調達したことを発表した。

今回のラウンドを主導したのはSea CapitalとKora Managementで、他にもPolygon Studios、Cosmos、Animoca Brands、Solana Ventures、a16zなどさまざまな業界VCや著名VCも参加した。

Forteはゲーム開発者によるブロックチェーン導入を支援するプラットフォームで、トークンやNFT(非代替性トークン)などメタバース(仮想空間)におけるデジタル資産の開発や導入に対応。現在は25以上のゲーム開発企業と提携しているという。

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

同社は新たな資金を使って、より多くのゲーム開発企業と提携し、ポリゴン(MATIC)やソラナ(SOL)コスモス(ATOM)などのブロックチェーンを導入しマルチチェーンに対応していく計画だ。

また、現在はウォレット機能統合やAML/KYCのコンプライアンスソリューション、決済方法などを開発しているという。

Forteは5月のシリーズAで210億円を調達し、今回の分を合わせて1,000億円以上の調達に成功した。調達金額については今年業界関連企業が調達してきた額の中で最も規模の大きいものの1つとされている。

関連ソフトバンク、メタバースNFTゲーム「The Sandbox」で100億円規模の資金調達主導

なお同社は2019年にも米リップル社の投資部門Xpringから110億円を調達したことがあった。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します