米コインベース、SBI出資の仮想通貨ウォレット企業を買収へ

「BRD」を買収へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは、仮想通貨のウォレットサービスを提供する「BRD」を買収することが分かった。

BRDのメンバーがコインベースでサービスの開発・運営を行うようになること以外、現時点で大きな変更はない。ユーザーはこれまで通りウォレットを使用することが可能だ。BRDは今後はコインベースで、分散型システムのメリットを世界のより多くの人々が享受できるように取り組むという。

なお、買収額など契約の詳細は明らかにされていない。

関連仮想通貨取引所コインベースとは|投資家向け情報と注目ポイント

公式ウェブサイトによると、BRDのウォレットは170超の国で使用が可能。14種類の言語に対応しており、最初にウォレットアプリをローンチした2014年以降、ユーザーの数は1,000万超まで増加したという。現在提供しているウォレットは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)XRP(リップル)、柴犬コイン(SHIB)など70超の銘柄に対応している。

BRDは仮想通貨がメインストリートで普及するように取り組んでおり、「分散型」、「セキュリティ」、「ユーザーによる資産管理」をキーワードにして事業を行ってきた。コインベースに買収された後も、この姿勢は変わらないとしている。また、同社は以前米リップル社やSBIホールディングスの出資を受けていた。

今後については、既存のセルフカストディ型のウォレットはこれからも使用できるが、コインベースウォレットを使ってユーザーが資産を管理する形式に切り替えることもできるようにするという。切り替える場合は特典があるようだが、詳細は2022年に発表するとした。

セルフカストディ型のウォレットとは

取引所などではなく、自分で秘密鍵を管理して資産を保有するために使用するウォレットのこと。「自己ホスト型」や「自己管理型」などと呼ばれることもある。コインベースウォレットに加え、メタマスクなどもセルフカストディ型のウォレット。(参考:コインベース

▶️仮想通貨用語集

コインベースウォレットは公式ツイッターアカウントで、BRDのメンバーが加わることを歓迎。「BRDは、Web3.0(分散型ウェブ)の普及を加速するために我々のチームに加わってくれる。より多くの人々が安全に、仮想通貨の分散型の世界へアクセスできるようになるだろう」とコメントした。

関連「MetaMask(メタマスク)」とは|月間2000万人超が利用の仮想通貨ウォレット

コインベースの動向

米コインベースは最近、提携も進めている。

今月には、世界最高峰のeスポーツチームの1つである「Team Liquid」と4年間のパートナーシップを締結したことを発表。イベントでのコラボなどを通じて、仮想通貨に関する啓蒙活動を行なっていくという。

関連米コインベース、世界最大級のeスポーツチーム「Team Liquid」と提携

また本日は、大手スポーツ・ファッションブランドのadidas Originalsが、コインベースとの提携を発表。具体的な提携内容は明かされていないが、adidas OriginalsがコインベースのNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスで、独自のNFTコレクションを販売する可能性があると推測されている。

関連adidas Originals、米コインベースと提携

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します