クロアチアの大手スーパー、仮想通貨決済を導入

仮想通貨決済を導入

クロアチアの大手小売チェーン「Konzum」は1日、オンラインショッピングで暗号資産(仮想通貨)決済が利用できるようになったことを発表した。

オンラインで食料品や家庭用品などを購入する際に、以下の9銘柄を利用することが可能。今後は実店舗にも仮想通貨決済を導入する予定だと説明している。

Konzumはクロアチアで700店以上を運営するスーパーマーケットチェーンだと報じられている。ロイターによると、バルカン地域で最も大きい食品製造・小売企業「Fortenova Grupa」のグループ会社で、観光客も多く訪れるという。

今回の仮想通貨決済の導入は、現地のフィンテック企業「Electrocoin」とのパートナーシップで実現。仮想通貨のボラティリティの影響を避けるため、購入を開始した時点でレートが固定される仕組みにした。

ボラティリティとは

価格変動性のこと。仮想通貨は値動きが大きく、現在でもボラティリティが大きい資産であるとの見方がある。

▶️仮想通貨用語集

Konzumの取締役会のメンバーは仮想通貨決済の導入に関して、以下のようにコメントしている。

 

大手小売チェーンとして、約65年間、事業でも技術的な面でもクロアチアをリードしてきた。

 

これから、急速に発展して将来を変える可能性のある領域を新たにリードしていけることを嬉しく思う。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します