CoinPostで今最も読まれています

大幅下落のビットコイン、FOMC控え復調シナリオはお預けか 仮想通貨・週次市況(bitbank寄稿)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週(11/27〜12/3)の仮想通貨相場

今週のビットコインは弱気相場となり、42,000ドル台にまで下落。ビットコイン含め仮想通貨相場は全面安となっている。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

3日の終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

週間騰落率

月初来騰落率

月間騰落率

年初来騰落率

年間騰落率

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格はTradingviewを参照)

11/27〜12/3のBTCチャート

Tradingview

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

11/27〜12/3レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は、週明けに610万円周辺から一段高となって以来、1時間足の200本移動平均線を挟み込み方向感に欠ける展開を繰り広げている。3日正午時点では、640万円周辺での推移となっている。

CMEのBTC先物取引開始のタイミングに合わせ、50万円ほど上値を伸ばし、一時は670万円に肉薄した週明けのBTC相場だったが、新型コロナウイルスのオミクロン変異株に関するヘッドライに振り回される格好で、上値が重くも底堅い推移に転じた。

そんなオミクロン変異株に関する言及も注目されるなか開かれた30日のパウエルFRB議長の議会証言では、従来のペースより早いテーパリングを行う可能性が示唆され、相場は急反落するも、来年も高インフレが持続する懸念があるとの発言もあり、週前半のBTC相場は650万円周辺で揉み合いに終始した。

12月に入ると、ADP雇用統計の月間雇用者変化数とISM製造業景況指数が市場予想を上回ったことでリスクオンとなるも、米国で初のオミクロン変異株感染事例が報告されると、株価の下落に連れ安となり、5.6万ドル水準まで売り込まれた。

一方、足元では、米労働省発表の雇用統計を控え、概ね5.6万ドルから5.7万ドルの狭いレンジで推移しており、様子見ムードが広がっている。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

オミクロン変異株は、南ア医療協会や欧州疾病予防管理センター曰く重症下するリスクは低いようだが、詳しい重症下率、ワクチンの有効性、デルタ変異株に対する優位性といった情報が判明するまで数週間かかる見通しとなっており、依然、胸を撫でおろすには時期尚早だろう。

加えて、高インフレに痺れを切らしたパウエル議長から米金融政策正常化前倒しの可能性も示唆されており、先行き不透明感から米国債のイールドカーブは急速にフラット下が進んでおり、リスク資産にとっては芳しくない状況か。

FedWatchによれば、市場の大多数は来年5月まで現行の政策金利維持を予想しており、市場は政策正常化前倒しを織り込みきってないと指摘され、これまでインフレ指標や期待インフレの上昇で相場が支えられる場面もあったBTCだが、「インフレが加速すれば政策正常化も早くなる」という厄介な状況になっている。

もちろん、米国の米労働力率や離職率、求人件数などは、依然としてコロナ前の水準からかけ離れており、労働市場の需給のバランスが直ちに改善されるとはとても考え難い。サプライチェーンの逼迫という外部要因もあり、インフレはそう簡単に落ち着かないだろう。

今月は今年最後の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合を13日〜14日に控えており、市場にはそれまで早期政策正常化を織り込む猶予がある。オミクロン変異株がこれ以上のリスクにならないと判明すれば、市場のリスク選好度も回復するだろうが、FOMCでこの先の政策方向性が明示されるまで、BTCの復調シナリオはお預けか。

今週の5.6万ドル〜5.9万ドルレンジのブレイクまで、様子見が無難だろう。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:週明けから二段安を演じたビットコイン相場、下値目途を探る

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
日本の伝統文化「熊手」とNFTを融合、XYZAが新プロジェクトを発足
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧