最大手取引所バイナンス、LUNAのトルコ・リラ建てなど通貨ペア7種類を追加

バイナンスの新規取引ペア

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは9日、7つの新規通貨ペアの追加を発表した。

追加される通貨ペアは以下の通り。日本時間10日18時より取扱いを開始する。

  • MyNeighborAlice(ALICE)/トルコ・リラ(TRY)
  • Frax Share(FXS)/テザー(USDT)
  • Gala(GALA)/ブラジル・レアル(BRL)
  • Gala(GALA)/トルコ・リラ(TRY)
  • Terra(LUNA)/トルコ・リラ(TRY)
  • Request(REQ)/バイナンスUSD(BUSD)
  • The Sandbox(SAND)/ブラジル・レアル(BRL)

My Neighbor Aliceはバーチャルな土地やアイテムを売買できるゲーム。NFT(非代替性トークン)にも対応しており、ALICEトークンはプラットフォーム上のネーティブ通貨となっている。

Frax Shareは世界初とされる部分準備型のステーブルコイン。総供給量の一部は裏付け資産に担保されている一方で、残りはアルゴリズムで価格が1ドルにペッグされるよう設計されている。(9日時点の価格は22ドル)

Galaはブロックチェーン・ゲーム企業のGala Gamesの独自トークン。ERC-20規格通貨として、プラットフォーム内のアイテム購入などに利用可能。

関連: NFT(非代替性トークン)を活用したソーシャルゲーム開発企業、Gala Gamesとは

テラは大手ステーブルコイン・プロジェクト。LUNAは同プラットフォームのガバナンストークン

RequestトークンはRequest Networkのユーティリティトークン。ERC-20規格の決済向けシステムとなっている。

The Sandboxはメタバース(仮想空間)で土地やアイテムをイーサリアムチェーン上のNFTとして売買できるブロックチェーンゲーム。

関連:メタバース上のNFTゲーム「The Sandbox」について動画解説【CONNECTV】

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します