CoinPostで今最も読まれています

Bobby Leeが語る『お金の自由』:法定通貨とビットコインの違い

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国の仮想通貨業界の重鎮がブロックショー参加
5月28日と29日にかけて行われたブロックショーで中国最大級の仮想通貨取引所である『BTCC』の元CEOであるBobby Lee氏が登壇し『お金の自由』と題して仮想通貨が金融界に与える影響について語りました。
貨幣の問題点は権力の偏り
リー氏は既存の貨幣は権力が政府や中央銀行などに集中している事を懸念視。ジンバブエのハイパーインフレなどの実例を元に、現状の課題について触れました。
信頼できるのは数式と暗号だけ
価値が個人情報ではなくプライベートキーに紐づいてるビットコインの方がデジタル資産の時代にふさわしく、優れている点を強調しました。また法定通貨と違いビットコインは誰にも没収されることが無い事を力説しました。

Bobby Lee(ボビー・リー)

出典:CoinPost撮影

中国最大の仮想通貨取引所BTCCでCEOを務めていた仮想通貨業界での権威。

それ以前はウォールマートのeコマースの中国部署の最高技術責任者を歴任。

主要仮想通貨、ライトコインの開発者であるチャーリー・リーは実の弟。

法定通貨のウィークポイント

プレゼンはリー氏は現在使用されている法定通貨の決定的な弱点として政府によって支配されている点の指摘で始まりました。

国や政府は変わります。

ジンバブエや最近ではベネズエラが最たる例です。

ジンバブエで起きたハイパーインフレのように、昨日は価値があったかもしれない貨幣が急に価値がなくなる可能性があります。

政府の失敗によって価値が変動する可能性のある不換紙幣(政府・中央銀行が発行するペーパーマネー)。

ジンバブエではハイパーインフレが続き1000億ジンバブエドルや一兆ジンバブエドルが発行されるまでに至りました。

ジンバブエ政府が紙幣を発行し続けた事が通貨の価値を最終的に引き下げ、インフレの一因となったのです。

しかし、現在は事実上価値のない通貨となってしまい、違う通貨が導入されました。

また英国で5ポンド紙幣が法定通貨としての立場を失った事も挙げました。

イギリスで2002年から流通している5ポンド紙幣が2017年5月以降お金として利用できなくなりました。

今までは価値があった紙幣が瞬く間にただの紙切れに変貌してしまいました。

どんなに個人がお金を保有していても最終的なコントロールは人々ではなく政府や中央銀行などの中央集権的な機関にある

とリー氏は述べました。

さらにリー氏は家を購入するのに必要な住宅ローン、車のローンや航空券の購入に個人情報が紐づいてる事も問題視しました。

航空券を買うにも私がボビー・リーである事を証明しないと飛行機に乗れません。

実際には自分の個人情報に紐づいています。

ですから最後の最後で航空券を誰かに譲渡する事もできませんので個人にコントロールがありません。

法定通貨は政府次第では発行量も増加します。

また通貨は没収されたり価値が急変する可能性もあり、個人情報に紐づいてる場合は第三者の管轄に頼らなければ特定の物は売買できません。

これらは既存のお金の問題でそれぞれ個人の自由を大きく妨げています。

ビットコインの優れている点

対照的にビットコインは最大流通量は2100万枚と固定されています。

またマイニングによって新たに流通する量もある程度予想できます。

これにより新たに通貨を発行することによる価格の変動は避けられます。

またビットコインは政府や中央銀行ではなく数式に基づく暗号理論による通貨です。

つまり英国の5ポンド紙幣とは違い、ビットコインが没収される事は決して起こり得ないのです。

そして個人情報ではなくプライベートキーによりビットコインが管理されるので、個人情報ではなくその数字が大事となります。

またリー氏は

個人情報ではなくプライベートキーが必須となることにより人々に支配が戻る

と力説しました。

そしてプライベートキーがいかに重要であるかを強調する為に会場のプロジェクターに自身のBTCウォレットのパブリックキーとプライベートキーを公開。

出典:CoinPost撮影

100ユーロ(約1万2千円)分のBTCが入ったアカウントの情報を会場で開示して会場全体がどよめきました。

いち早くQRコードを読み込めたラッキーな1名の方が無償でBTCを入手しました。

この気の利いた演出によりプライベートキーを知っている事がいかに大切であるかが強調されました。

仮想通貨の投資における4つのよくある間違い

またリー氏は具体的は投資のアドバイスはしませんでしたがHODL(継続して保持)するよう薦め、以下の4つのよくある間違いを挙げました。

1.購入に対する優柔不断

買うか買わないか曖昧で中途半端に決断するのは普通の株取引でも良くないと言われています。

一度決めたら貫き通す事が大事とのことでした。

2. 十分な額を買わない

もうひとつの間違いは仮想通貨を買う時少額しか買わないこと。

後々価格が上昇した時後悔が残るからです。

3. 少ない利益で売ってしまう

株取引にも通じることですがコツはいかに高値で売るかです。

価格の上昇が少し続いていても気長にHODLすることをリー氏は薦めていました。

4. 価格が急下落している時に売ってしまう

仮想通貨市場は良くも悪くも変動性が高い事で有名です。

しかし価格が下落していても上昇する時と同じく、長い視野で市場を見ることの重要性を強調していました。

価格の上下が激しいのが日常茶飯事である仮想通貨市場。しかしリー氏は

5年、10年と長期的な期間でビットコインを保有し続ければ10倍、100倍の利益が見られるでしょう。

と強気な発言で締めくくりました。

最後にプレゼン後、CoinPost編集部はリー氏にインタビューを行い、6月に開始する新しい仮想通貨取引プラットフォームについて伺いましたがコメントはいただけませんでした。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア