メタバース空間「MetaCity」、初のランドセール・メタトーキョー開催へ

第一弾ランドセール開催へ

分散化価値ネットワークのTOKAU(トカユ)は、先日発表した独自メタバース(仮想空間)プラットフォーム「MetaCity」上で、初のランドセールを行うことを発表した。TOKAU Dapp上でバーチャルの土地「Land(ランド)」のパブリックセールを実施する。

第一弾は「メタトーキョー(MetaTokyo)」のランドセールを実施予定。TOKAU Token(トークン)やTOKAU NFTの保有者、及び暗号資産(仮想通貨)保有者を対象に、日本の首都・東京を再現したバーチャル土地の販売を行う。

出典:MetaCity

販売されるランド総数は、上限2,000個。プレセールでは、1ランドあたり1バイナンスコイン(1BNB=約6万円)で販売される。購入した土地は、カーソルを乗せると所有者の名前やサイズ、座標が表示される仕組みとなっており、ユーザー独自のバーチャル体験を味わえる。

また、TOKAUトークンをステーキングするとOre(オア:鉱石を意味)と呼ばれるNFTが報酬として手に入り、Ore NFTを活用すれば、ランドのアップグレードもできるようになる。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

一例として、『The Sandbox』というゲーム内のメタバースでは、ボクセルアート制作ツールやゲーム制作ツールが提供されており、ユーザーはそのなかで自作のゲームや施設を作ることができる。

▶️仮想通貨用語集

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

ランドの価値は、Ore NFTの利用により、最大5段階引き上げる事が可能。価値を高めれば、より高いAPR(年間利回り)を受け取ることができる。

他にも住民の数や、アクティビティの数、メタシティ内でバーン(焼却)されたOre NFTの数に応じてランドの価値が変化する見込み。

またランドを購入すると、TOKAU側から毎週TOKAUトークンが自動配布される。さらに、ランド保有者は自身の保有するランドにフレンドを招待することができ、招待を受け取ったフレンドは、無料でメタバースへの入場券として機能するアバターNFTがもらえる。

フレンドがメタシティのランド内でゲームに参加すると、TOKAUトークンかOre NFTを獲得でき、ランド保有者はこの配布量の20%を受け取ることができる。

東京をベースにした理由

TOKAUのオフィス拠点の一つが日本の首都・東京にあるため、メタシティのランドセール第一弾の拠点として選ばれた。

東京は、日本が誇るアニメやゲームなどの二次元文化と現実世界が共存するだけではなく、異なる生い立ちの人々が共存することがメタバースの精神に近い点も要因として挙げられた。

さらに、日本にまだ行った事がないユーザーにも日本独自の文化を体験してもらう狙いもあるという。

TOKAUのDennis Tok CEOも以下のようにコメントした。

東京は、様々な背景を持つ人々や、新しい自分を夢見る人々を受け入れてくれる都市です。メタトーキョーもまた、あなたの夢を実現する場所となるでしょう。

メタシティに参加して、土地のオーナーになり、このリアルな仮想世界を一緒に楽しみましょう。

メタシティとは

メタシティは、世界地図を基にデザインされたメタバースプラットフォーム。GameFiやNFTのコンセプトを組み合わせている。

ランド総数は15万ランドで、まずはTOKAUトークン及びTOKAUプラットフォームのNFT保有者向けに公開される予定。メタシティ内でTOKAUトークンをステーキングすることでメタシティ内で主な価値の交換手段となるORE NFTと交換できる。

また、長期的にはメタシティ内でメディアセンターやファンクラブ、セカンダリーマーケットなどさらなるNFTの活用方法を拡大していく予定としている。

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します